新シャーロック・ホームズ おかしな弟の大冒険:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
新シャーロック・ホームズ おかしな弟の大冒険
新シャーロック・ホームズ おかしな弟の大冒険
-

新シャーロック・ホームズ おかしな弟の大冒険

1977年11月3日公開
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    1
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

名探偵シャーロック・ホームズの知られざる弟、ホームズよりいくらか好男子でスマートな弟のくりひろげる珍冒険談。製作はリチャード・ロス、監督・脚本は「大陸横断超特急」に出演したジーン・ワイルダー、撮影はゲリー・フィッシャー、音楽はジョン・モリスが各々担当。出演はジーン・ワイルダー、マデリーン・カーン、マーティ・フェルドマン、ドム・デルイズ、レオ・マッカーン、ロイ・キニアー、ジョン・レ・メシュリエ、ダグラス・ウィルマー、ソーリー・ウォルターズ、ジョージ・シルバー、スーザン・フィールドなど。

ストーリー

それは1891年のこと。イギリス外相のレッドクリフ卿(ジョン・レ・メシュリエ)は、ビクトリア女王(スーザン・フィールド)から国の最重要書類を預かったが、盗まれてしまった。早速名探偵ホームズ(ダグラス・ウィルマー)が捜査にあたる。相棒のワトソン(ソーリー・ウォルターズ)と共に、彼は旅に出るといつわって、捜査に乗り出した。一応彼の留守中を弟シガーソン(ジーン・ワイルダー)に頼んで--。しかし、ホームズに弟がいたなんて、オドロキだ。ロンドン警視庁のサッカー警部(マーティ・フェルドマン)が、シガーソンの所へ早速事件を頼みにいく。と、そこへその事件の当事者ジェニー(マデリーン・カーン)があらわれた。彼女は歌手で何者かにゆすられているとか--。その様子を窓の下からうかがっていたのが、ホームズの宿敵モリアーティ教授(レオ・マッカーン)。教授は早速部下のフィニー(ロイ・キニアー)にジェニー殺害を命じるが、シガーソンが危機一髪で助ける。といっても、本当はホームズが助けたのだが……。さて、ジェニーは性的欲求不満の娘。シガーソンはそれを満たしてやり、彼女はレッドクリフが父というが、実はレッドクリフの元愛人。歌手がガムベッティ(ドム・デルイズ)に頼まれて、書類を盗み出したのだが、レッドクリフが苦悩するのを見て、彼女はシガーソンに、書類をとり戻してほしい、と言う。さて、シガーソンとサッカーが、ガムベッティ邸へ忍び込んだ。と、そこではガムベッティとモリアーティが書類の引き渡しの打ち合わせ。場所はオペラの舞台。そしていよいよ、舞台は幕を上げた。シガーソンがそこにあらわれ、舞台はメタメタ。シガーソンはモリアーティを小道具部屋においつめ、ドタバタの末、書類をとり戻すのだが、これはホームズがしくんだこと。それを知ってシガーソンはガックリ。でも彼はジェニーとメデタシ、メデタシなのでありました。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
The Adventure of Sherlock Holmes' Smarter Brother
製作年
1976年
製作国
アメリカ
配給
20世紀フォックス
初公開日
1977年11月3日
製作会社
BBSプロ作品


[c]キネマ旬報社