ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2

2011年7月15日公開,130分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

2001年の第1作『〜賢者の石』から足かけ11年にわたり製作された『ハリー・ポッター』シリーズ完結編。PART1では分霊箱を探すハリーたちの逃避行が物語の中心となったが、今作では“死の秘宝”をめぐるドラマが激化、数々の謎もすべて明かされていく。そしてハリーVSヴォルデモート、最後の魔法バトルは見逃せない。

予告編・関連動画

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ヴォルデモートと死喰い人たちの追撃から逃れつつ、3つ目の分霊箱を破壊したハリー、ロン、ハーマイオニー。そんな彼らを助けて命を落としたドビーへ報いるべく、3人は4つ目の分霊箱が隠された地下銀行グリンゴッツに潜入する。だが、難攻不落の銀行を守るゴブリンたちに見つかり、ハリーたちは地下奥深くへ追い詰められていく。

キャスト

ダニエル・ラドクリフ

ダニエル・ラドクリフ

ハリー・ポッター

ルパート・グリント

ルパート・グリント

ロン・ウィーズリー

エマ・ワトソン

エマ・ワトソン

ハーマイオニー・グレンジャー

ヘレナ・ボナム=カーター

ヘレナ・ボナム=カーター

ベラトリックス・レストレンジ

ロビー・コルトレーン

ロビー・コルトレーン

ルビウス・ハグリッド

トム・フェルトン

トム・フェルトン

ドラコ・マルフォイ

レイフ・ファインズ

レイフ・ファインズ

ヴォルデモート

ブレンダン・グリーソン

ブレンダン・グリーソン

アラスター・ムーディ

リチャード・グリフィス

リチャード・グリフィス

バーノン・ダーズリー

ジョン・ハート

ジョン・ハート

オリバンダー

ジェイソン・アイザックス

ジェイソン・アイザックス

ルシウス・マルフォイ

ヘレン・マクロリー

ヘレン・マクロリー

ナルシッサ・マルフォイ

ミランダ・リチャードソン

ミランダ・リチャードソン

リータ・スキーター

アラン・リックマン

アラン・リックマン

セブルス・スネイプ

マギー・スミス

マギー・スミス

ミネルバ・マクゴナガル

ティモシー・スポール

ティモシー・スポール

ピーター・ペティグリュー

イメルダ・スタウントン

イメルダ・スタウントン

ドローレス・アンブリッジ

デイヴィッド・シューリス

デイヴィッド・シューリス

リーマス・ルーピン

ジュリー・ウォルターズ

ジュリー・ウォルターズ

モリー・ウィーズリー

ボニー・ライト

ボニー・ライト

ジニー・ウィーズリー

マシュー・ルイス

マシュー・ルイス

ネビル・ロングボトム

エマ・トンプソン

エマ・トンプソン

シビル・トレローニー

ワーウィック・デイヴィス

ワーウィック・デイヴィス

グリップフック/フィリウス・フリットウィック

ケイティ・リューング

ケイティ・リューング

チョウ・チャン

イヴァナ・リンチ

イヴァナ・リンチ

ルーナ・ラブグッド

キーラン・ハインズ

キーラン・ハインズ

アバーフォース・ダンブルドア

ゲイリー・オールドマン

ゲイリー・オールドマン

シリウス・ブラック

マイケル・ガンボン

マイケル・ガンボン

アルバス・ダンブルドア

デイヴィッド・ブラッドリー

デイヴィッド・ブラッドリー

アーガス・フィルチ

作品データ

原題
HARRY POTTER AND THE DEATHLY HALLOWS: PART II
映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
アメリカ イギリス
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
130分

[c]2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. HARRY POTTER PUBLISHING RIGHTS [c]J.K.R. HARRY POTTER CHARACTERS, NAMES AND RELATED INDICIA ARE TRADEMARKS OF AND [c]WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    kro

    3.5
    2021/5/5

    原作知らずに見ています。
    前半と異なりテンポがいい。

    長い映画ですので、あしからず。

    みんな演技もうまくなった。

    もう親の気分

    でもハリーポッターシリーズで感動することは無い

    見るという習慣でしかない

    違反報告
  • rikoriko2255

    藤光

    5.0
    2011/10/13

    ある俳優が少年時代から成人していく過程を記録することになった映画には、例えばジャン=ピエール・レオが主演した、トリュフォーの「アントワーヌ・ドワネルの冒険」5部作などがある。しかしハリポタ7部作8本の映画を見終えた時、我々はこのシリーズの特殊性を強く感じることになる。それはこのイマジネーションの世界に構築された「ホグワーツ魔法魔術学校」という空間の実在感である。
    「ホグワーツ魔法魔術学校」を定点とし、その場所を中心とした世界を、成長していく少年少女たちの「順行する時」や、呼び起こされたり追体験される「過去の時」、魔法によって変更される「もうひとつの時」と共に、それぞれの出来事を通して描いていく。「ホグワーツ魔法魔術学校」そのものは、変わらぬ姿でそこにあり、出来事や登場人物の動きにあわせて、様々な角度から記録されていく。そして映画館での再映やテレビやDVDを通して以前の映画を繰り返し見ることで、その実在感はより確固たるものとなっていく。時間と空間が一体となった世界が出来事によって建築されたのであり、観客もその世界の住人として、手触りの感覚と共にその時空間を把握し、共有する。記憶の中で、ホグワーツ魔法魔術学校を中心とした世界は、我々の育った、実在する世界と、同レベルの世界となる。このことは原作の小説にもできなかった、まさに映画にしかできなかった表現である。
    ヴォルデモートとハリーの最後の戦いの場で、そこに吹く現実の「風」を感じた。

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2011/8/12

    ついに完結。今こうして見終わると、長かったとしみじみ思う。第一作からメインキャストの成長記録とも言える映画だ。初期は大分危なっかしい魔法であったが、今ではちょちょいのちょいと枝を振れば魔法が使えるまでになっている。あのロンでさえも!これまでのcast総出演的であった。ファンタジーというよりアクション映画に近いです。事の発端はハリーの出生から始まっていたんでしたっけ。長すぎて忘れるとこだった。
    シリーズなので、観客個々に誰かしらのファンであったと思う。個人的にはベラトリックスとりーマスかな。過去シリーズのG.オールドマンも良かったなぁ。今回はドラコの母がなんか隠れヒットだった。今回だけでなく、過去を振り返る映画であった。ふぅ、メイン3人は今後の映画に苦戦しそう。これだけ話題でヒットしてしまうと今後がくすみそう…

    違反報告
  • rikoriko2255

    いろ

    5.0
    2011/8/12

    作品でした。
    もう途中からは、なんでこんな運命なのか、味方だったの、知らなかった><とか、いろいろで、涙涙の作品でした。
    私は、ハリポタが好きではなかったのですが、初めてハリーポッター観てよかったと思いました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    たれ

    5.0
    2011/7/27

    ハリーではなくスネイプの話で、ボロ泣きでした。

    様々なキャラがそれぞれに大活躍で、これぞ最後という感じ。
    特に、マクゴナガル先生、最高!!

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    5.0
    2011/7/21

    3Dで観て失敗。物理的に暗い場面が多いため、立体感どころではなく3Dメガネの暗さで結構“見にくい・見えない”シーンがありました。是非、2Dでどうぞ!
    今までのシリーズでモヤモヤしていた事が、ついにスッキリしました。特にスネイプの死に際して本当の気持ちと役割が判って感動!闘いに勝利して最強の力=杖を手に入れた後のハリーの潔い決断。おまけに誰と誰が結婚してどんな子が産まれたのかという19年後のシーンまで、大サービスがあります。
    もちろん見どころは、ハリー対ヴォルデモートの壮絶な死闘&悪の軍団対ホグワーツ軍団の大決戦である事は言うまでもありません。
    思い切り期待して、思い切り集中して、のめり込んで、安心して見てください。「これこそハリポ」と納得&満足できる終演に相応しい逸品です。
    エンドロールで場内から沢山の拍手が湧きあがったのも解るような気がします。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    taka_dds

    5.0
    2011/7/18

    原作は読んでません。今まで観てた人はもちろん観るだろうし、観てない人は観ないと思うけど、今までの中で今作が一番良かったと思う。スネイプはやっぱり良いヤツだったと言う事が判って嬉しかった。ストーリーを楽しむ為に2Dで見たほうが良いと思う。今更400円も余分に出して3Dを見る必要性が全く無い。

    最後に。
    エンドロールのあとにあとワンシーン欲しかった。

    「グリフィンドール!」

    ってね!

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    ホルン

    5.0
    2011/7/16

    前作、あまりに暗い映像が続くのでいやになってしまったが、今回はテンポ良くこれまでのなぞが明らかになっていく。
    最後は、久々に明るい映像で、気持ち良く観終わることができた。
    登場人物について、何の注釈も出ないので、これまでの作品を観てからでないと理解できないでしょう。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2011/7/13

    愛された物語を、映像化するのは難しい。
    しかも、未完の内からなら尚更。

    勿論、100パーセント満足しているわけじゃない。
    それでも、評価するわ。頑張って、作ってくれたと思う。ありがとう。

    後二日とはいえ、公開前なので多くは語れないけれど、評価すべきは、少年時代のセブルスにあの可愛らしい少年を起用したこと。
    あの美しい時間にふさわしい。
    あのメモリーこそがこの物語の軸よね。
    ハリーの物語の裏の、あまりに美しい始まりと終わりの物語。

    任務よりも、我が子の安否の確認を優先した母の愛。
    両親の呼びかけに、躊躇を見せる少年の成長。
    運命の、その月生まれのもう一人の男の子の存在。
    求める者に与えられる・・ふさわしい者に与えられる・・その言葉の真理。
    どちらが選ばれていても、きっと脅威になっていた。

    小さな小さな一つ一つを大切に作ってくれていて、嬉しい。
    マクゴナガル先生の見せ場が有るのも嬉しいなぁ。

    勿論、無かったシーンも有る。
    援軍として参加する多くの人たち。
    その中に居たはずのオリバー・ウッド。最後にもう一度見たかったなぁ・・

    終わってしまったねぇ・・
    寂しいねぇ・・

    今すぐ、もう一度原作を読み返したくなるよね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告