女性二重奏|MOVIE WALKER PRESS
MENU

女性二重奏

1933年公開,0分
  • 上映館を探す

「宝石泥棒」「シナラ」のケイ・フランシスが主演する映画で、ヴァージニア・ケロッグ作の小説を「つばさの天使」のライアン・ジェームズが脚色し、「四十二番街」「駄々っこキャグニー」のロイド・ベーコンが監督し、「つばさの天使」「母」のシド・ヒコックスが撮影にあたっている。「春なき二万年」「男の一頁」のライル・タルボットが相手役を勤め、「生の創め」「肉の蝋人形(1933)」のグレンダ・ファレル、「快賊ディアボロ」「狂恋のつばさ」のセルマ・トッド、「カヴァルケード」のユーナ・オコナー、チャールズ・ウィルソン、ハロルド・ヒューバーその他が助演している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

メエリイ・スチーヴンスとドン・アンドルースとは幼なじみの友達だった。2人は一緒に医学校へ通い、同じ病院に助手として働き、隣り合った診療所に開業した。メエリイはドンを愛していたが、ドンは彼女には友情しか感じていない様に思い、有力な政治家ライジングの娘ロイスと結婚してしまった。ドンの野心はかくて緒を得て、舅の世話で官途に就くことができたが、ロイスは幾何もなくドンに飽いて冷ややかになった。勢いドンは酒に親しみ、かつ地位を利用して私欲を肥やすことを覚えた。メエリイは酔ったドンを介抱してやったこともあった。到頭ドンは汚職の嫌疑をこうむる身の上となったので、ある温泉場へ赴き、舅のライジングが専ら揉み消し運動にあたった。偶然骨休めに行ったメエリイはドンと邂逅した。温泉場の和らいだ空気は2人の気持ちを結び付け、メエリイとドンとは愛し合った。ドンは職を辞し、ロイスと離婚することを誓ってメエリイの愛の許しを得た。揉み消し運動が奏効して時ドンはニューヨークへ帰って辞職しようとしたが、舅はそれを許さなかった。また離婚はロイスも望んでいたがライジングはそれも許さなかった。すべてはライジングの政治的生涯に汚点を及ぼす恐れがあるためであった。小児科医として名医の誉れを得るようになったメエリイは彼女自身母となることを知り、パリへ赴いて身2つとなった。ニューヨークへの帰航の途上、彼女はドンが辞職し、離婚し、開業医となったことを知り喜んだ。ところが船中で3人の嬰児が病にかかり、彼女の看病の甲斐もなく彼女自身の嬰児のみが助からないで死んでしまった。愛児を救い得なかったことはメエリイを絶望の人たらしめた。ニューヨークに着いて、ドンの愛も彼女を救い得なかった。失意の人となり果てるかと思われた時、ピンを嚥下した嬰児を救ってくれとの依頼があった。断る彼女を励ましたのは看護婦グレンダだった。かくてメエリイはピンを抜き出して嬰児の命を救うことに成功した。それは彼女自身の自身と生きがいとを彼女に復活させた。彼女はドンと結婚して相共に仁術を世の病者に施すことに喜びに生きる生活に入った。

作品データ

原題
Mary Stevens, M. D.
製作年
1933年
製作国
アメリカ
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?