14才のハラワタ|MOVIE WALKER PRESS
MENU
14才のハラワタ
14才のハラワタ

14才のハラワタ

2009年10月17日公開,60分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime
  • unext
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

下北沢の映画館トリウッドが中心となり“学生による商業映画の製作”を行う“トリウッドスタジオプロジェクト”の第四弾。19歳の学生、佐山もえみが、自身の体験をもとに書き上げた脚本を自ら監督。マイペースで平凡な女子中学生の周囲で起こる日常の人間模様を、暖かな眼差しで描く。主演は「うたかた」の長野レイナ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

中学二年、14歳の女の子、原田ワタル(長野レイナ)は、自分のことを“ハラワタ”と呼ぶ。自分の周りにいる人たちが大好きでマイペースな彼女は、学校ではナツキ(水嶋瑞希)、青木さん(五十嵐令子)と成績を競っている。他人に羨ましがられようと勉強もオシャレも必死なナツキ。そんなナツキに嫉妬しながらも憧れる青木さん。ハラワタはそんな2人を尻目にひなたぼっこ。塾に行っても勉強に身が入らないハラワタ。そこにいるのは、見た目は軽いが、お金の大事さを知っている塾長(池上幸平)。青木さんの弟、祐輔(武田勝斗)は、優等生だがいじめられっ子。塾長と祐輔のやり取りは和やかでなんだか楽しい。家に帰れば食卓には、料理下手なお母さん(大家由祐子)が仕事帰りに買ってきたスーパーのお惣菜が並ぶ。掴みどころがなく靴磨きが好きなお父さん(松田洋治)は、ハワラタに輪をかけてマイペース。なかなか家には帰ってこない。お母さんは、そんなお父さんを心配しながらも、どこか飄々としている。ある日、お父さんがとうとう家に戻らなくなってしまう。お母さんはハラワタを部屋に呼んである事を教える。それはお母さんの“毎日を消化する方法”。青木さんも塾長も、祐輔もお父さんもお母さんも。みんな自分のペースで一生懸命生きている。何でもない事だが、それに気づいたハラワタは、いつもより少しだけ気分がいい。今日も寝ぐせ頭のまま学校へと駆けていくのだった。

作品データ

製作年
2009年
製作国
日本
配給
トリウッド
上映時間
60分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?