地獄の砦:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
地獄の砦
地獄の砦

地獄の砦

1955年2月12日公開、0分、西部劇
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「西部の掠奪者」のジョセフ・ケインが製作監督した1951年作西部劇。脚本は「アロウヘッド」のチャールズ・マーキス・ウォーレン、撮影のジャック・マータ、音楽のR・デイル・バッツは「西部の掠奪者」と同じスタッフである。出演者も「西部の掠奪者」と同じく、ロッド・キャメロン、エイドリアン・ブース、フォレスト・タッカーで、以下「眠りなき街」のチル・ウィルス、「怪船シー・ホーネット」のウィリアム・チン、「テキサス街道」のジム・デイヴィス、ウォリー・キャッセルらが助演する、トルカラー色彩であるが、日本公開版はモノクロームとなる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1875年、ダコタ。政府とスー族との協定で白人立ち入り禁止区域になっているブラック・ヒルズに金が発見され、白人が続続流れこんで来た。ミル砦に駐屯する米国陸軍第七騎兵隊のウェブ・キャルハーン大尉(ロッド・キャメロン)はこの状態を見てスー族との紛争を心配し、ブラック・ヒルズを巡回して白人を追いたてた。砦の指揮をとる兵隊上がりのロイド・アンガー大佐(フォレスト・タッカー)は以前から士官学校出のキャルハーンにあるねたましさを感じていたが、今度の彼の行動にも好感を持たなかった。その上、2人はリア・ウィルスン(エイドリアン・ブース)という女性をめぐって三角関係にあった。武器密売者に扇動されたスー族は軍隊に反抗を企て、事態はますます不穏になっていった。折りも折、金鉱探しの白人がインディアンに発砲する事件がおき、ついにスー族は武器をとって反乱を起こした。アンガーは直ちに分遣隊を率いて出撃した。流血の惨事となるのを怖れたキャルハーンは軍法会議を覚悟の上で、アンガーの命にそむいてブラック・ヒルズに赴き、金鉱探しの白人たちを武力で追いだした。戦闘態勢のインディアンは追撃して来、寡勢の守備隊は全滅に瀕した。キャルハーンと親しかった酋長パクトラは、砦の女子供を安全地帯に退去させた上、砦を明け渡すことを条件に和睦を提議し、キャルハーンは受諾した。砦を撤退したキャルハーンの隊は、アンガー隊の後を追ったが、アンガー隊は渓谷に追いこまれて全滅していた。瀕死のアンガーは命にそむいたキャルハーンを追及して絶命した。キャルハーンはリアと結ばれ、14年後には大佐に昇進した。そしてインディアン戦の権威となっていた。14年間彼と行を共にした人たちは、今でも、当時のキャルハーンの処置はまちがっていなかったと信じていた。

作品データ

原題
Oh! Susanna
製作年
1951年
製作国
アメリカ
配給
リパブリック日本支社=NCC
上映時間
0分
製作会社
リパブリック映画
ジャンル
西部劇

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?