ジーン・ワルツ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ジーン・ワルツ
ジーン・ワルツ
3.7

ジーン・ワルツ

2011年2月5日公開、111分
  • 上映館を探す
  • みたい
    1
  • みた
    8
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

現役医師である海堂尊のミステリー小説を映画化した医療ドラマ。“生命誕生の現場”を舞台に、崩壊しつつある産科医療に潜む闇に迫る女医を菅野美穂が、彼女にかけられた疑惑の真相に迫るエリート医師を田辺誠一が演じる。監督は『NANA』シリーズなど、繊細な人間ドラマを描くことで定評のある大谷健太郎。

ストーリー

帝華大学病院の医師で、廃院寸前の小さな産婦人科医院・マリアクリニックの院長代理を務める理恵。ある日、4人の女性たちが通うその医院で、彼女が禁断の治療をしているという嫌疑がかけられる。同じく帝華大学病院に勤めるエリート医師の吾郎は、彼女がクリニックで何をしているのか、その周辺を探りはじめる。

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
日本
配給
東映
初公開日
2011年2月5日
上映時間
111分
製作会社
「ジーン・ワルツ」製作委員会

[c]2011「ジーン・ワルツ」製作委員会
[c]キネマ旬報社