武士の家計簿|MOVIE WALKER PRESS
MENU

武士の家計簿

2010年12月4日公開,129分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

堺雅人、仲間由紀恵を主演に迎え、磯田道史の歴史教養書「武士の家計簿『加賀藩御算用者』の幕末維新」を映画化。激動の幕末で、“算盤さむらい”と呼ばれ、加賀藩の算用者として財政に関わる下級武士と、その妻とが慎ましく生きる姿をつづる。久々の時代劇となった森田芳光監督ならではの人間味ある描写にホロリとさせられる。

予告編・関連動画

武士の家計簿

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

会計処理を専門に行う、算用者として代々加賀藩の財政に携わってきた猪山家八代目の直之。ソロバンを使って算術の才能を発揮するが、天保の大飢饉などで藩の財政状況はあまり芳しくない。加えて、身分が高くなると出費が増える問題にも頭を抱えていた。そんななか彼は、家財道具を売り払い、借金の返済にあてることを決心する。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2010年
製作国
日本
配給
アスミック・エース=松竹
上映時間
129分

[c]2010「武士の家計簿」製作委員会 [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.0
  • rikoriko2255

    ミチさん

    4.0
    2010/11/12

    が観たかったですね。『桜田門外ノ変』『十三人の刺客』を観た後では、このホームドラマに救われる思い。おそらくほとんどの侍も人を切らずに一生を終えたのではないか。 堺雅人は、困った表情が『南極料理人』を思い出す。仲間由紀恵は、良い女優さんですね。嫁いでは、夫を立て、産んでは、子を守り、本当に女性の美しさの全てを出し切っています。 松坂慶子、草笛光子は、ホームドラマに欠かせない役どころだし、西村雅彦は芸達者で良いのだけど、『桜田・・・』にも出ていて、世間の噂話(つまりマスコミ代わりなのですが)を伝えるところは、どうも設定が似ていて、ちょっと、微妙。 ただ、ちょっとコトバがね。全員標準語で、あれじゃあ、江戸の話になっちまう。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    2.0
    2010/11/2

    生真面目というか几帳面というか、それがよくも出たり悪くも出たり。 昔だからいいけど、男が家計簿付けて倹約生活..........って、なんか息苦し~~~~~ぃ。 今でも銀行マンの夫だったら、こんな感じだったりして.............。 堺雅人のニヤ顔はあまり好きじゃないけど、仲間由紀恵は癒されます。 笑わせてくれるところもありましたが、お母さんが亡くなるときのシーンはちょっとホロリときました。 ま~ぁ、思ったよりおとなしめの映画でした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告