ビーオン:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ビーオン
ビーオン
-

ビーオン

2010年2月6日公開、75分、アクション
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    -
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

喧嘩に明け暮れる不良男子高校生たちと、彼らを理解しようとするヤクザな新任教師の姿を描く青春アクション。監督は、「ストイックガール完全版」の佳本周也。出演は、「名門!多古西応援団」のギュウゾウ、「ビー・バップ・ハイスクール」の清水宏次朗、ドラマ『天下無敵男子禁制危廉陣女子学園』の亜未巻土。

配信で観る

ストーリー

いつもどこかで喧嘩に明け暮れている不良高校生たち。しかし、ただの喧嘩ではすまない悪質な事件が多発するようになる。そこで、刑事・不動文太(ギュウゾウ)がその真相を探るべく、蘭城高校に教師として潜入する。蘭城高校トップの2年生・桜場煉(亜未巻土)は、硬派の花山鉄鬼(庄田侑右)、頭脳派・北川紳介(市川真治)、影のある男・四上要(吾磨壮奇)、頭の弱い剱持竜矢(大村一隆)、女好きの九々琉真(渡名喜忠信)、ワイルドな大石虎(山本寛臣)らといつも一緒に行動している。ある日、彼らの担任として、ヤクザ教師に扮した不動が現われるが、7人は反発する。梅松高校の西門刃地(彪芽立)、カラス(TOM)、國丸(BETTANA!!)、東下高校の樋山リキ(間島亮)、宮下たもる(上野山浩)、伊丹影郎(佳本周也)、美女木高校の小林鋭二(玖導成近)、国宝高校の鮫来アバ(藤井大督のなど、他校の生徒から常に狙われている蘭城の7人は、相変わらず喧嘩ばかりの日々を過ごしていく。そんな彼らに不動は理解を示し、人に迷惑をかけなければ自由に生きていいと語る。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

製作年
2009年
製作国
日本
配給
ロマネプロモーション
初公開日
2010年2月6日
上映時間
75分
製作会社
B-ON製作実行委員会(ロマネプロモーション=COMPLETE☆KID)
ジャンル
アクション


[c]キネマ旬報社