BEAT:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
BEAT
BEAT
-

BEAT

1998年9月15日公開、101分、社会派
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    1
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

米軍統治下になった60年代の沖縄を舞台に、エネルギッシュに生きる一組の男女の恋愛模様を描いたドラマ。監督は、国内のみならず海外でも著名な舞台演出家で、本篇はこれが初演出となる宮本亜門。脚本も宮本自身が執筆。撮影を「激しい季節」の長谷川元吉が担当している。主演は「愚か者 傷だらけの天使」の真木蔵人と「CAT'S EYE」の内田有紀。

ストーリー

米軍統治下におかれていた、60年代のOKINAWA。いつの間にかこの地に暮すようになっていたタケシは、かつての恋人・ミチの勤める米兵相手のバー・SEKAIでバーテンダー兼用心棒として働いていた。ミチは、黒人兵士にレイプされた過去を持ち、その時妊娠したマリアを出産。そして今、未婚の母となった彼女は、逃げ出したタケシの代わりにマリアの父親になってくれる黒人の男を探している。ある夜、灯火管制訓練を照明弾を打ち上げて邪魔したタケシは、空から落ちてきた少年と出会う。タケシを兄のように慕い、彼の後ろをついてまわる少年には、ゴキブリを退散させるという不思議な力が備わっていた。その力で金儲けに成功したタケシは、いつしかミチとよりを戻すようになり、少年とマリアの4人で暮すようになる。やがて、ベトナム戦争が激化すると共に、OKINAWAも大きく揺れ始めた。SEKAIは本国から送り込まれてくる兵士たちのお陰で毎晩のように大賑わい。タケシとミチは大金を掴み、明るい未来を夢見るようになっていた。ところが、ミチに想いを寄せる米兵でタケシの親友・ライアンが、ミチの気持ちを無理矢理惹こうとマリアを誘拐したのである。マリアを取り戻すべく、ライアンの後を追うタケシであったが、彼の目の前でマリアはライアンに傷つけられてしまうのだった。マリアを助けられなかったことで深く傷ついたタケシは、その日を境にミチたちの前から姿を消し、OKINAWAから逃げ出すことを考えるようになる。そして、時の首相・佐藤総理大臣が訪沖した日、遂に彼はOKINAWAと別れを告げようとする。そんなタケシに再会したミチは、彼が再び自分の前から逃げ出すのを責めた。「幸せよね、いつも逃げられる人は。でもね、自分からは逃げられないよ!」 だが、そんな言葉を浴びながらもタケシはミチとは違う道を歩き出そうとする。その時、少年とマリアが打ち上げた照明弾が夜空を彩った。それぞれ違う場所で同じ光景を見上げるタケシとミチ。彼らの目には、同じ未来が映っていた…。

スタッフ

監督、脚本

宮本亜門

脚本協力

天願大介

脚本協力

真喜屋力

脚本協力

剱木久美子

脚本協力

ヴェン・F・デイーチ

脚本協力

デイーチ吉川佳代子

ストーリー協力

又吉栄喜

シネマトグラファー

長谷川元吉

音楽

中村通宏

音楽ディレクター

梅田典克

アート・ディレクター

いしいいわお

プロダクション・デザイナー

都築雄二

編集

阿部浩英

コスチューム・デザイナー

前田文子

衣裳

江橋綾子

スタイリスト

日下部慶子

ライティング・デザイナー

森谷清彦

録音

柿澤潔

装飾

小池直実

サウンドエフェクト

柴崎憲治

特撮監督

佛田洋

助監督

足立公良

製作担当

久家豊

プロデューサー

河井真也

プロデューサー

一瀬隆重

アソシエイト・プロデューサー

石原真

音楽プロデューサー

有福千春

オメガアシスタント・プロデューサー

陶山明美

PeacHアシスタント・プロデューサー

久保田修

PeacHアシスタント・プロデューサー

春名慶

音楽スーパーバイザー

古田関人

音楽コーディネーター

鈴木雄一

主題歌

tohko

水中撮影

長田義夫

デジタルエフェクト・スーパーバイザー

尾上克郎

撮影効果

奥田悟

特殊撮影

高橋政千

特殊撮影

中根伸治

特殊撮影

鈴木敬造

特殊照明

林方谷

特殊照明

米澤滋高

特殊効果

鈴木昶

特殊効果

中山亨

特殊美術

上松盛明

特殊美術

竹内俊介

特殊美術

松浦芳

特殊美術

高木友善

スチール

竹内健一

スクリプター

西岡容子

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

製作年
1998年
製作国
日本
配給
松竹
初公開日
1998年9月15日
上映時間
101分
製作会社
PeacH
ジャンル
社会派


[c]キネマ旬報社