ふたたび swing me again:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ふたたび swing me again

ふたたび swing me again

2010年11月13日公開、111分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

78歳になった、かつての名ジャズトランペッターが50年の時を経て、昔の約束を果たそうとバンド仲間を訪ねるロードムービー。老人役を財津一郎、その旅に巻き込まれる孫を「シュアリー・サムデイ」の鈴木亮平が好演する。また、日本のジャズ界で活躍する渡辺貞夫がジャズクラブのオーナー役で出演し、華麗なサックスプレイを披露。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

ふたたび swing me again

予告編

2010/9/13(月)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

50年前、ジャズバンドに情熱を注ぎ、トランペッターとして活躍した健三郎。ハンセン病を患い、長い間、病院に隔離されていたが、かつてのジャズバンド仲間と交わした約束を忘れられずにいた。それは憧れのジャズクラブ“SONE”で演奏すること。これを実現させるため、偶然出会った孫の大翔を連れて、元バンド仲間を探す旅へ出る。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2010年
製作国
日本
配給
ギャガ
上映時間
111分
製作会社
「ふたたび」製作委員会(ギャガ=ポニーキャニオン=LDH=ティーワイリミテッド=木下工務店=ホリプロ=エー・チーム=一光=メモリーテック=中央映画貿易=博報堂DYメディアパートナーズ=TOKYO FM=テレビ大阪=ケーワイトレーディング=アースガルズ)(制作 松竹京都撮影所/制作協力 ウィル・ドゥ)

[c]2010「ふたたび」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5 /2件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?