シスタースマイル ドミニクの歌|MOVIE WALKER PRESS
MENU

シスタースマイル ドミニクの歌

2010年7月3日公開,124分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1960年代に世界中で大ヒットした曲「ドミニク」を生んだ実在のシスターの波乱に満ちた人生に迫るドラマ。主演はハリウッドでも活躍するベルギー人女優セシル・ド・フランス。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1950年代のベルギー。自由を求めるジャニーヌは、抑圧的な母親に反発して修道院へ入る。修行の後、ギターを弾くことを許された彼女は、聖ドミニコをたたえる歌「ドミニク」を作り、明るいメロディと美しい歌声で評判になる。

作品データ

原題
Soeur Sourire
製作年
2009年
製作国
フランス=ベルギー
配給
セテラ・インターナショナル
上映時間
124分

[c]2009 PARADIS FILMS - LES FILMS DE LA PASSERELLE - EYEWORKS FILM & TV DRAMA - KUNST & KINO [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • rikoriko2255

    keicyacom

    4.0
    2010/7/23

    娘を利用しようとしただけの母親から逃れるために、修道院に入った主人公。奔放な性格を考えれば、シスターとして生きるのは、本来、無理であったのであろう。作曲と歌声で大ヒット曲を飛ばすが、修道女であるがゆえのヒットであることを本人も気づかない。 映画を見ていると、彼女の行動に疑問がわいたり、歯がゆかったりするが、自由なはずの現代社会でも、同じ悩みや境遇があるはず。わかっていてもできないというのが、ちょっと身につまされた。でも、彼女を慕ってくれる人もいるというのが、捨てたものではないかもと思わせる。その後、彼女はどうなったのであろう。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2010/7/9

    ギターが好きで活発な少女。 世間や母親が押し付ける女性の幸せに反発し、何か・・を探している。 でも、何かが有ると、直ぐ逃げ出すの。凄く強気のクセに戦わないの? ただの口先だけのわがまま娘に見えてしまう。時代のせいも有るのかな? せっかくの成功も、ちょっとの我慢が出来ずに棒に振ってしまうし、せっかく現れた興行主とのツアーも、浅はかな選択で失敗してしまう。 そして、最後の最後まで、逃げるのね・・勿体無いわね・・ 誰も愛せないのは不幸だけど、妹のような従姉妹のことは、本当に大切だったのよね・・ 彼女の曲、聞いた事が無いのだけれど、日本でも流行ったのかしら。 私の神父様はアコーディオンを弾きながら色々歌ってくれたけど、映画の歌は、記憶にないのよね・・ まぁ、生まれる前の歌だけど。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告