スーザンの恋|MOVIE WALKER PRESS
MENU

スーザンの恋

1962年6月9日公開,0分
  • 上映館を探す

ドリス・ヒュームの原作を「二十歳の火遊び」のデルマー・デイヴスが製作・脚色・監督した青春ドラマ。撮影はルシエン・バラード、音楽はマックス・スタイナーが担当。出演者は「二十歳の火遊び」のトロイ・ドナヒュー、コニー・スティーヴンス、ドロシー・マクガイア、ロイド・ノーランなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

南米チリの鉱山師として長年勤務したロジャー・スレードは妻のリーア(ドロシ・マクガイア)、娘スーザン(コニー・スティーヴンス)と故国カリフォルニアへ帰ることになった。途中汽船で一家は登山家コン・ホワイトと一緒になった。まだ17歳のスーザンはコンに好意を持ち、誘われるままに体を許した。船がサンフランシスコに着くとコンはマッキンレー登山に向かった。スーザンの誕生日に、ホイト(トロイ・ドナヒュー)という青年が馬と一緒にやって来た。馬は両親がスーザンの誕生祝に贈ったのだった。父がある事情で自殺したため、ホイトは一時はひねくれていたが、今は作家として自立しようと考えていた。スーザンはコンからの便りを待ち続けた。そのうちスーザンは子供を宿していることに気がついた。スレード家のパーティーの日、コンが登山中事故死したと彼の両親から電話があった。狂乱したスーザンは自殺をはかるが、ホイトに救い出された。意識を取り戻したスーザンは母に妊娠していることを打ち明けた。母は父なし子を産む恥から娘を守ろうと決心し、ガテマラに向った。ガテマラで、スーザンは男児を産んだ。リーアは医師を欺いてその子を自分の子として届けた。それから数日後、父ロジャーが世を去り、一家は再びカリフォルニアに戻ってきた。スーザンは母として赤ん坊を育てられないことを悩んだ。彼女はホイトを愛していたが子供のため結婚をあきらめていた。ある日、赤ん坊がライターをもてあそび火だるまになった。病院に運ばれた赤ん坊はどうやら死の危機から脱した。スーザンはこれ以上偽れず、自分が母親であると告白した。ホイトの心は動揺したが、2人の愛は断ち切れなかった。

作品データ

原題
Susan Slade
製作年
1961年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?