REDLINE|MOVIE WALKER PRESS
MENU

REDLINE

2010年10月9日公開,102分

「アニマトリックス ワールド・レコード」などで世界中から注目を浴びる気鋭のクリエイター、小池健監督が、声優として木村拓哉、蒼井優らを迎えて完成させたハイテンションな2Dアニメ映画。遠い未来の世界を舞台に、それぞれの思いを胸に、宇宙最速を決めるレース“REDLINE”に挑む者たちの姿を迫力の映像で見せる。

予告編・関連動画

REDLINE

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

エアカーが走る遠い未来、宇宙最速のレーサーを決める祭典“REDLINE”が開幕。見た目はクールだけど、中身はシャイという純情青年JPは、それを制することを目標にしていた。勝つためだったら武器搭載も許される“REDLINE”。開催地が史上最悪の軍事国家ロボワールドという悪条件のなか、JPは武装改造を施すライバルに挑んでいく。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2009年
製作国
日本
配給
東北新社
上映時間
102分

[c]2010 石井克人・GASTONIA・マッドハウス/REDLINE委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.4
  • YO99

    5
    2011/5/23

    ストーリはともかく、久々にセル画の醍醐味を満喫させてくれるアニメでした。キムタクの声も意外にハマっていてイイ感じでした。滑らか過ぎない迫力シーンがかえってスピード感を大きくしてくれます。ハッキリした輪郭とメリハリの効いた色彩も気持ち良い仕上がりでした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • red5

    5
    2011/1/5

    映像と音で魅せるアニメです。
    あぁ~アニメーションてやっぱり楽しいと再確認させてくれました。
    これは最近の3Dアニメでは感じ取ることが出来無いと思います。
    作り手の熱量が見る側にも伝わる手書きアニメは最高です。
    ※気に入ったのであればサントラを購入しましょう、お勧めです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • Agrostemma

    4
    2010/10/31

    ストーリーなんてある様で、ない様なもの。ジブリやら何か別のアニメ作品を匂わせる脇役や兵器。煌めくのはスピード感とノリだけ。でも!そのスピード感とノリにすっかりやられてしまいました。率直に面白かった!

    ヒューマントラストシネマ渋谷で鑑賞。かなり小さいスクリーンだったけれど、音楽が効果的に使われているのか、身体に響くほどの重低音がうまく作画の雰囲気と合っていて、十分に迫力を感じました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告