わたしの可愛い人 シェリ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
わたしの可愛い人 シェリ
わたしの可愛い人 シェリ
-

わたしの可愛い人 シェリ

2010年10月16日公開、90分、恋愛
R15+
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    -
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

フランスの女性作家コレットの『シェリ』を原作に「クィーン」のスティーヴン・フリアーズが映画化。20世紀初頭のパリを舞台に、親子ほども年の離れた男女の恋を描く。出演は「スターダスト」のミシェル・ファイファー、「ヴィクトリア女王 世紀の愛」のルパート・フレンド、「しあわせの隠れ場所」のキャシー・ベイツなど。

ストーリー

1906年、ベル・エポックのパリ。時代の空気が20世紀へと移り、パリはヨーロッパで最も栄えた都市として謳歌していた。当時は、ココット(高級娼婦)が栄えた時代でもあり、彼女たちは国王、政治家、文化人を自分の意思で選ぶことのできる裕福なセレブとして君臨。ココットの中の最たる成功者の一人が、その優れた経営センスのおかげで富をも手にしたレア・ド・ロンバル(ミシェル・ファイファー)であった。レアは40代になった今もその美貌を保ちながらココットをリタイアして、優雅なアール・ヌーヴォーの屋敷で自分の力で築いた富と自由の日々を満喫していたが、ある日、レアの友人で元同僚のマダム・ブルー(キャシー・ベイツ)が一人息子フレッド(ルパート・フレンド)との仲を取り持ってきた。レアにシェリ(いとしい人)というニックネームを付けられた19歳のフレッドは、享楽的生活を送っている問題児だが、子供の頃からレアを慕っていた。初めは数週間の遊びのつもりであったはずが、不覚にも6年が過ぎてなお、シェリはレアの家にいた。二人は互いにとって居心地が良かったのだ。だがある日、シェリは母親たちの昼食会に呼びつけられ、知り合いのココットの10代の娘との結婚話を告げられる。マダム・ブルーはレアにシェリの結婚を伝え、レアは動揺を隠しながらも、その知らせに失望する。盛大な結婚式の後、シェリたちはイタリアへハネムーンに旅立っていくが、パリではレアがマダム・ブルーのとげのある嫌味に耐えていた。マダム・ブルーは自分のライバルが落ち込んで弱っている姿を見て大いに満足していたのだ。誇り高いレアは、自分の傷心を見せないためにビアリッツに逃れ、マダム・ブルーに自分が新しい恋人と出かけたように見せかけて行方をくらませる。こうして、シェリとレアの恋は周囲からは綺麗に終わったかと思われていたが、二人は別れてもまだお互いを忘れずにいたのだった……。

予告編・関連動画

わたしの可愛い人 シェリ

予告編

2010/8/17(火)更新

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Cheri
映倫区分
R15+
製作年
2009年
製作国
イギリス フランス ドイツ
配給
セテラ・インターナショナル
初公開日
2010年10月16日
上映時間
90分
製作会社
Bill Kenwright Films
ジャンル
恋愛

[c]TIGGY FILMS LIMITED & UK FILM COUNCIL 2009
[c]キネマ旬報社