阪急電車 片道15分の奇跡|MOVIE WALKER PRESS
MENU

阪急電車 片道15分の奇跡

2011年4月29日公開,120分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime
  • netflix

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

有川浩のベストセラー小説を映画化。片道15分のローカル線を舞台に、偶然乗り合わせた乗客たちのささやかな奇跡を描く。『嫌われ松子の一生』で日本アカデミー賞に輝いた中谷美紀、映画や連ドラへの出演が相次ぐ若手注目株の戸田恵梨香、伊丹十三作品で知られるベテラン宮本信子という新旧女優の豪華共演が見どころだ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

宝塚〜西宮北口間を結ぶ阪急今津線。孫を連れて電車に乗っていた時江は、純白のドレス姿で乗り込んできたOLの翔子に思わず声をかける。翔子は婚約者を後輩に取られ、当てつけに彼らの結婚式に出席した帰りだった。やがて、そばにいた見知らぬ乗客たちの間に共感や反発が芽生え、それぞれの人生に小さな変化が訪れる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
120分

[c]2011「阪急電車」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    水口栄一

    5.0
    2021/1/23

    私がこの映画を観るきっかけとなったのはニュースキャスターの村西利恵さんが出演されていたからだ。当時、私は村西利恵さんのテレビはいつも観ていた。美しすぎるキャスターだと思った。大好きだった。この映画は阪急電車ということで私もよく利用しているだけにとても親近感があった。また人生における出会いというのもひじょうに共感できるところがいっぱいあった。素晴らしい作品だ。

    違反報告
  • rikoriko2255

    お水汲み当番

    4.0
    2020/7/29

    期待を裏切らない、背筋がピンと伸びた姿勢の良い映画でした。
    素晴らしかったです。

    主人公は中谷美紀。
    昔の「どうよ私は可憐でしょ」というイヤーな臭いが抜け、良い意味で「枯れて」良い女優になったと感じました。

    で、私がこの映画に注目した理由。

    そもそも阪急ってのは、阪急東宝グループという財閥の中核です。
    傘下に東宝シネマズという大手シネコンを持っています。
    もちろん東宝シネマズでは全店でこの映画を上映しています。

    それなのに、この映画。ライバル関係にあるはずのワーナーマイカルでも上映されていたんですよ。

    ライバルの映画屋までが上映するって言うんですから、これは映画屋が「絶対に当たる良い映画だ」と考えたに決まっていると思ったわけです。

    狙い的中でした。
    良かったです。

    とはいえ、もしも宮本信子がいなければ、この映画は何一つ成り立たない話でもあるのですが……。

    それから、観る側を選ぶ映画でもあります。

    つまり、ある特定の人たちを「敵」として切って捨てることによるカタルシス効果が否定できない映画ですので。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    5.0
    2011/6/11

    今津線に乗り合わせたことで生まれた縁。皆それぞれの悩みを持ちながらそれでも前を向いて進んでいく。見知らぬお互いが励まし合う。
    沢山の登場人物のそれぞれが感情移入しやすい部分を持っていて、見た日の気分で「一番感動したところ」が違う。

    ちょうどTOHOシネマズのフリーパスをゲットしていたので通った通った・・・さて何回くらい見ただろう?
    地元の先行ロードショーと夏休みの自費鑑賞分まで含めたら10回ではおさまらないだろうな。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ホルン

    3.0
    2011/5/15

    金曜日のレイトショーでしたが、結構お客さんが居ました。
    本を先に読んでいたし、昨日ちょうど所要で今津線に乗車してきたので、興味深く原作をトレースできました。
    宮本信子さんを観る映画ですね。
    戸田恵梨香さんも良かった。
    特に難しいことを考えずに、映画館でぼーっと過ごせる作品です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    Code

    4.0
    2011/5/8

    阪急今津線、、、西宮北口~宝塚。
    西宮から宝塚なんだけど、私にとっては神戸のにおいがする。
    きっと言葉づかいが神戸弁だからかも、、、いや、そもそも、、、
    そんなことを思いながら、懐かしく思った。

    特に当たり前のことだと思っていたこと、そんなことが、
    関東に来て、そうではないと気付いた。
    だから、余計に温かく、懐かしく思えたのかもしれない。

    きっと、だれもがほっこりするお話です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    McCOY

    3.0
    2011/5/5

    以前、仕事の関係で阪急今津線沿線に住んでいたことがあり、懐かしくて原作を読み本作も拝見。主要人物2名とそのエピソードがそっくり削られていて当初物足りなく感じたものの、映画としてまとめることを考えると最終的には適切だったと思えました。

    住んだことのある者の視点から言わせてもらえれば、もう少し「関西らしさ」を感じたかったです。原作では「悦子」を中心とする女子高生たちの会話に何度読んでも吹いてしまう関西ならではの可笑しさがあり、本編にも同じ内容の会話は出てくるんですが、おそらくはネイティヴでない役者さんが喋ると全く可笑しくない。ここが弱いと別に阪急でなくても、という気がしなくもなく……勝手な思い入れかもしれませんけれども。

    個人的に「おおっ」と思ったのは、友情出演の相武紗季さんが携帯電話をバキっとやる場面と、玉鉄さん演じる女子高生の彼氏と宮本信子さん演じるご老女の亡夫をリンクさせた仕掛けです。両方とも原作にはないんですが、これは映画でないとできないこと。感心しながらエンドロール見てたら脚本・岡田惠和さん。ナルホド。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    5.0
    2011/5/2

    心が洗われる映画が観たいですね。
    関西には土地勘が全くないのだけど、東京で言えば、「井の頭線」かなあ?ちょっとお上品な人が乗っているイメージの「阪急電車」。ただ、エンドロールを見ていると、そうか、阪神と合併したんだなんて、感慨にふけりました。昔は野球の「阪急ブレーブス」と言えば、「巨人」の好敵手だったけど・・・。
    さて、映画の話ですが、もちろん、中谷美紀に何票でも入れちゃうけど(どうやって、撮影したのか分からないけど、いくら女優だって、ウェディング・ドレスで電車に乗るのは、勇気が要るよね)、個人的には、狂言回し的な宮本信子にMVPを挙げたい。こういうおばあちゃんが本当にいなくなったと思う。口うるさいんだけど、きちんと言うべきことは言います、みたいな。今の若い人には、「うざってえ」んだけど。あと、南果歩も努力賞かな?本当にいいおばさんになりましたねえ。
    谷村美月と勝地涼のカップルも二重丸。こういう出会いだったら、ありそうですよね。偶然自衛隊の編隊飛行を見るなんて、良かった!
    谷村美月は、『檸檬のころ』から見てるけど、本当に良い女優さんになったね。勝地涼も不良っぽいんだけど、実はいい奴という役が多くて、素敵!これからも頑張って欲しい。
    最後に中谷美紀がいじめられている女の子に言う言葉、「私たち美人はいつもちょっとだけ損をするのよ。」を挙げておきます。そうそう美人は損?え?

    違反報告