台北の朝、僕は恋をする:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
台北の朝、僕は恋をする
台北の朝、僕は恋をする
-

台北の朝、僕は恋をする

2011年3月12日公開、85分、恋愛
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    2
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ヴィム・ヴェンダース製作総指揮のもと、台湾の新世代を担うスタッフ&キャストが結集。国民的アイドル歌手アンバー・クォを主演に迎え、台湾で大ヒットしたロマンティック・コメディ。台北の街で出会った見知らぬ男女が繰り広げる一夜の追跡劇を、みずみずしい映像で活写する。ベルリン国際映画祭最優秀アジア映画賞を受賞。

ストーリー

本屋で働くスージーは、フランス語の本ばかり立ち読みしに来るカイに興味をそそられる。カイは、パリに留学している恋人に電話をかけるが、相手にしてもらえない。いてもたってもいられなくなった彼は、パリへ行くことを決意。旅費を稼ごうと怪しい仕事に手を出したことから、スージーを巻き込んで台北の街を逃げ回るハメに。

予告編・関連動画

台北の朝、僕は恋をする

予告編

2010/12/27(月)更新

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Au revoir Taipei
映倫区分
G
製作年
2009年
製作国
台湾=アメリカ
配給
アミューズソフト=ショウゲート
初公開日
2011年3月12日
上映時間
85分
製作会社
Atom Cinema=Green Sky Films
ジャンル
恋愛

[c]2010 Atom Cinema/greenskyfilms/All rights reserved
[c]キネマ旬報社