八日目の蝉|MOVIE WALKER PRESS
MENU

八日目の蝉

2011年4月29日公開,147分
  • 上映館を探す

角田光代のベストセラー小説を映像化した深遠な人間ドラマ。主人公は、不倫相手の子供を誘拐し4年間育てた希和子と、彼女に育てられた過去を引きずったまま大人になった恵理菜。“母性”をテーマに、それぞれが抱える複雑な思いを、時に繊細に、時に力強く描出。変化を遂げていく女たちの姿に引き込まれ、最後まで目が離せない。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

幼少の頃、父の愛人だった女性・希和子に誘拐され、育てられた過去を持つ恵理菜。希和子の逮捕により、4歳の時に実の両親の元に戻った彼女だったが、誰にも心を開けないまま、大学生になっていた。そんなある日、自分が不倫相手の子を妊娠したことを知った恵理菜は、揺れ動く思いの中で、希和子と過ごした過去と向き合うように。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
147分

[c]2011映画「八日目の蝉」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.9
  • お水汲み当番

    3
    2020/8/12

    一人一人、大変なものを背負わされた人たちを丹念に描いた映画です。

    ただ、おそらくは原作者の分身であるはずのライター(小池栄子)のご都合主義が描かれていないのが、たぶん作品解釈の限界なんだろうなと思いました。
    だって、この作品は、一から十まで、このライターの都合によって作られた作品なのですから。

    主人公の女の子(井上真央)にとって、幸せとはなにか。
    それは、育ての親(つまり誘拐犯)のところに戻ることではないのかと、観る者は感じます。

    ところが映画では、主人公が育ての親の写真にめぐり合ってオシマイ、となっています。

    写真と出会った後にこそ、本物のドラマが待ち受けているはずなのに、どうして尻切れトンボで終わったのでしょうか。

    映画のなかでライターが告白しています。
    主人公に対して彼女がきわめて特殊な感情を抱いていることを。

    この感情に流されてしまって、ライター本人には、主人公の気持ちが読めなかったのでしょう。
    そして、語り手側のこの特殊な事情を、映画の制作側もまた見落としていたのでしょう。

    ライターは、小豆島での写真発見のシーンまでは、主人公を心理的に支配下に置こうとする行動をしています。

    しかし、この写真の発見をきっかけにして、主人公が育ての親を探し始めたなら、ライターはせっかく確立していた心理的支配権を放棄する方向に頭を切り替えざるを得ません。

    主人公の幸せを探すなら、それがライターにとって唯一の方法ですが、これはライターが自分自身を高度に客観視できていなければ出来ないし、書けない話です。

    だから、映画のシナリオライターも書けなかったのだろうし、もしくは気がつかないふりをしたのでしょう。

    ここにこそ、主人公・ライター・誘拐犯三者に重層的に奏でられる、最高のドラマの材料が詰まっているはずなのですが……。

    永作博美(誘拐犯)も井上真央も熱演で、佳作であっただけに、尻切れトンボ感が非常に残念でした。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 刹那

    4
    2014/8/10

    時折赤ん坊の誘拐事件が起きたりがありますが、子を望みつつも得られなかった末のものであったり、好きな人の子でありながらも相手は既婚者だったりと、人としてどうかと単純に善悪の判断をし兼ねる様な内容でありながら、全てを否定せずに今を生きる流れになっていくのに希望を観られた作品でした。

    どんな形であれ子は宝、自他の子関係なく慈しんでいきたいものです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • oma

    2
    2012/11/22

    はっきり言わせて!

    感動しなかった。
    まったく。

    でも、誤解しないで!

    子育てを経験した人だったら、
    この作品の良さはわかるんじゃないかな。
    泣いているおばさん、結構いたし。

    駆け込み寺(カルト教団)あたりから、
    なんか違和感。

    話にちょっと薄っぺら感も。
    のワリには、2時間半は長すぎる!!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告