デンデラ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
デンデラ
デンデラ

デンデラ

2011年6月25日公開,118分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

姥捨て山伝説を題材に、老女たちのサバイバルを描いた佐藤友哉の同名小説を『世界で一番美しい夜』の天願大介監督が映画化。主演の浅丘ルリ子をはじめ総勢50人の大物女優が過酷な雪山ロケに大集合し、壮絶なアクションを展開する。天願監督の父・今村昌平監督の名作『楢山節考』から28年後のアンサー作品とも言えよう。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

姥捨てとは、貧しい村の口減らしのために老婆を山へ棄てること。カユも息子に背負われ、姥捨て場へ。いつしか意識を失ったカユが目覚めると、周りにはかつて捨てられた老婆たちがいた。彼女らは“デンデラ”というコミュニティを作り、生き延びていた。リーダーのメイは村への襲撃の機会をうかがうが、それに同調しない者もいた。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
118分
製作会社
「デンデラ」製作委員会(制作プロダクション ザフール/制作協力 庄内映画村/企画協力 新潮社)

[c]2011「デンデラ」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

1.7 /3件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?