エンジェル ウォーズ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

エンジェル ウォーズ

2011年4月15日公開,110分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『300(スリーハンドレッド)』のザック・スナイダー監督によるアクション・ファンタジー。5人の女性たちが自由を求め、空想世界でサムライや悪魔たちと激しいバトルを繰り広げる。鮮烈なヴィジュアルで描き出される空想世界と、セクシーなコスチュームに身を包んで暴れまわる若手女優たちの共演は必見!

予告編・関連動画

エンジェル ウォーズ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

何者かによって施設に監禁されてしまった少女ベイビードール。彼女は自由を求め、そこで出会ったロケット、ブロンディ、アンバー、スイートピーという個性的な4人の仲間とともに戦うことを決意する。空想世界で敵と戦う彼女たちだったが、生き残るために何を犠牲にするかという決断を迫られることに。

作品データ

原題
SUCKER PUNCH
映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
110分

[c]2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5
  • rikoriko2255

    1013

    3.0
    2011/5/6

    予告見た限りでは「未来世紀ブラジル」風? という印象。
    そしてかわいい&セクシーなガールズが大暴れっで見たくなった作品。
    吹き替え版率が高く、結局見たのも吹き替え版でしたが、、、
    なんだかアニメ系の方々(?)の声優が多く、映画を台無しにしていた感がありますねぇ。
    たしかにCGバリバリ、普通なら即死なアクション炸裂なのでファンタジックだけど、アニメ風にしちゃう吹き替えのセンスはいただけない。

    そうそう、勝手に「未来世紀ブラジル」の再来かと思ってみたけど、そんな深みも感動も怖さもなく、
    ただただガールズの大活躍に魅入る魅入る。
    この映画はファンタジックな妄想世界のバトルを見せる映画と割り切って見れば、それなりに楽しめますね。
    しかし、現実の設定自体もいいかげんでノリ重視なので境界線が曖昧だけどw
    ラストは、絶望で終らないのがいい。
    なんとなく、設定のツメ不足をぶん投げた終わり方という印象もありw
    まか不思議なシュールリアルでもなく、ただただ、「こんなことしたら摩訶不思議・深みがあるように見えるんじゃね」風とノリだけの作品ですっ。
    思想があるように見せようとて、全くないのはツメ不足と感じた次第っ。
    軽く楽しむ映画ですな。

    んー、やっぱり、妄想世界のバトルが何か足りない。
    現実とのリンク感かな。
    アイテム取得・ミッション達成だけじゃ物足りなさ過ぎですな。
    しかも、その最中、現実でのダンスはご想像にお任せしますって逃げもおもしろくないw
    そもそもなんで現実逃避のためにバトルミッション妄想なのか?
    おもしろいからですかねぇ
    まあ、劇場で見た迫力はあったんで良しとしますっ

    追記
    パンフレット読んだら現実もぜんぶ現実じゃなくて空想世界もあるって?
    境界線がわからん。解説もあってるのかどうか。。。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    5.0
    2011/4/27

    ソニア、イーオン、バイオレット、ララ、ソルト・・・強い女子が主役の作品は数多存在し、グラインドハウス、マチェーテ、ビッチスラップetc.のB級セクシーバイオレンス作品でも強くてゴキゲンなお姉さん達が大活躍しています。
    この作品にも強い乙女が登場するのですが、少々変わっています。メインは5人の“弱くて逃げられなくて虐げられている”「女の子達」で、彼女たちは「夢の中の夢」でスーパーファイターとして目的を達成して行くという設定になっています。キックアスとは真逆かも?
    映像的には、体形を崩さないギリギリまで鍛え上げられた彼女たちのアクションと、現実(最後の刹那)の空想と妄想の場面ギャップの素晴らしさが見どころと言えます。なにより、黒澤時代劇へのオマージュとさえ言える場面から、セーラームーンや攻機等ジャパニメーション丸かじりまで、更に“300”監督ならではのド迫力場面満載と、日本人脳髄鷲掴みです。
    正直、最後まで観ないと訳が分からないかもしれません。観る時は、冒頭の詩文、ワイズマン(老人=天使)の存在、「鍵」と“その意味”、を含んでおくと乗り切れると思います。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2011/4/11

    イマジネーションの宝庫のこの監督に、こんな高度な玩具与えちゃ駄目よね。

    色白金髪の美少女を始め、各種美少女を取り揃え、色々な格好をさせ、飛び回らせたり自由に動かす。

    彼女たちの憐憫感を際立たせる為に、男は総じて醜い。
    継父に始まって、市長も院のスタッフも。

    健気で格好良い美少女たちは、そこから出ることを願っている。

    そこってどこ?

    少女が押し込められた場所は、何?

    どこからが妄想で、彼女は救われるのか・・

    皆救いを求めて見ているのよね。

    でも、この監督の救いって、一筋縄じゃいかない。
    『300』でもそうだったでしょ。
    主人公たちは助からず、伝説となって、後継者たちを立ち上がらせたことが救いだった。

    まぁね、今回もその辺の美学に変わりは無いんだな。

    だから、すごく解りやすい意味での救いじゃない。

    美少女たちと、この監督の美学が好きな方にはお勧めします。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    3.0
    2011/4/5

    精神病棟に入れられた主人公がそこからの脱出を図るも、次第に現実と妄想の区別がつかなくなり、摩訶不思議なファンタジー世界で戦うことになるというストーリーのようだが、女の子たちがとてもセクシーで、ちょっと男性向けの映画って感じ!?

    バーチャルな世界でストーリーがあまり良くわかんないけど、なんか妄想のドンバンについ力が入ってしまった(^^ゞ

    違反報告