僕達急行 A列車で行こう|MOVIE WALKER PRESS
MENU

僕達急行 A列車で行こう

2012年3月24日公開,117分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

鉄道マニアの青年2人が恋に仕事に奮闘する様子を、ほがらかなユーモアに包んで描く。コメディの名手・森田芳光監督の下、振り幅の広さに定評のある松山ケンイチと瑛太が、不器用だがまっすぐな現代の日本男児を好演。全20路線80モデルに及ぶ電車がもうひとつの主人公。九州各地で撮影されたロケ映像も見どころだ。

予告編・関連動画

僕達急行 A列車で行こう

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

のぞみ地所で働く小町圭と、コダマ鉄工所の跡取り息子である小玉健太は、鉄道への愛を通して意気投合。鉄工所の寮から電車が見えると聞いた小玉は早速寮に入るが、やがて九州へ転勤となる。取引先の社長がこれまた鉄道ファンで、小町と小玉を引き立ててくれる。おかげで仕事は順調だが、恋の方はそうもいかないようで。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
117分

[c]2012『僕達急行』製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    お水汲み当番

    1.0
    2020/7/29

    松山ケンイチや瑛太、はたまた貫地谷しほりや笹野高史など、演技力に定評があるはずの面々を揃えていながら、どうしちゃったのこの映画。
    春の桜島もビックリの大根演技のオンパレード。
    全員が台本を丸読み。そこでセリフは切らないだろうというところでブッチブッチと不自然な息継ぎ。
    これが森田芳光監督の趣味ですか?

    ストーリーもメッチャクチャ。
    もちろん映画なんだから、偶然の一つや二つはあっても良いのだが、この映画は最初から最後までご都合主義の偶然のオンパレードで、興も何もあったものじゃない。

    私は鉄道がかなり好きな部類の人間ですが(先週は名古屋に遠征してリニア鉄道館にも行きましたし)しかし、これほど客を舐めた映画を作られてしまうと、怒りを通り越して呆れ果てる体力も消えてしまいましたよ。
    なんじゃこりゃー。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    3.0
    2012/10/11

    性格といい、ポリシーといい、電車オタクもさまざま!!
    ある人の電車オタクの家は、線路わきのボロアパート。
    普通ならうるさくていや~なアパートでも、電車オタクにとっては格好の場所。
    ソファーは電車の椅子だったりして、なんだか笑っちゃいます。

    小町と小玉が共に惹かれあい仲良くなり、恋愛や仕事でも何かとかかわっていく様は、ちょっと釣りバカっぽかったです。
    ま~ぁ2人ののほほんぶりは、なんだかすっご~く癒されました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    4.0
    2012/4/1

    タイトルの「A列車で行こう」とは"Take the 'A' Train"で、ジャズのスタンダード・ナンバーの一つだけど、特に映画の内容とは関係はない。ノリの良い喜劇をイメージさせている。
    内容もまた、それに違わず、昔のサラリーマンものを踏襲しており、難航不落の得意先が、同じ鉄道ファン(鉄っちゃん)で・・・なんてのもありがちな設定。
    伊東ゆかりに小指を噛ませたり、松坂慶子のフラを披露したりとサービスも満点。
    ともかく仕事や境遇が違っても、趣味の世界に入れば、たちまち距離が縮まるところがうまく表現されていて、気持ちが良い。やはり鉄っちゃんの究極の姿はHOゲージなのかな?
    映画としての出来はまずまずだけど、これは二人の呼吸によるところが大きい。やはり役者として力量が同じじゃないとムリだね。共に旬のお二人ならではのコラボレーションでした。
    今日は映画サービスデーで日曜だった為、4時間待ちとなりました。それで待った甲斐があったかと言われれば、あったと言っておきましょう。疲れましたけど!

    違反報告
  • rikoriko2255

    さっちょ

    5.0
    2012/3/9

    すっごくほのぼのしていて、電車から見る風景も素敵で、随所に笑えるポイントもあって、出演者もみんなさわやかで温かい雰囲気で、重さや嫌味やいやらしさ・わざとらしさがなくて、とっても魅力的な映画でした。出演者の名前が特急の名前というのも面白い発想!こまなきなんていう名前の無人駅があるんだとか、ここはどこの場所だろうって風景や電車からどんな地域か気になったりもしました。電車って景色を楽しむとか駅弁を味わうとか電車の種類を知るとかその町を知るとかいろんなことを感じられるって思いました。電車に乗って旅したい。今のところ私の今年最高傑作映画です!森田監督の最後の映画は素晴らしい作品です!惜しくも亡くなった森田監督のご冥福をお祈り申し上げます。

    違反報告