エクレール お菓子放浪記|MOVIE WALKER PRESS
MENU

エクレール お菓子放浪記

2011年5月21日公開,107分
  • 上映館を探す

西村滋の自伝的ロングセラー小説を映画化。お菓子への憧れを胸に、孤児の少年がさまざまな人々との出会いと別れを繰り返しながら混乱期を懸命に生き抜く姿を映し出す。監督は『ふみ子の海』などの近藤明男。主人公のアキオを演じるのは、映画初出演となる吉井一肇。いしだあゆみ、林隆三、高橋惠子ら実力派俳優が脇を固める。

予告編・関連動画

エクレール お菓子放浪記

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

昭和17年。孤児院を脱走したアキオは、ついに感化院に入ることに。指導員からのスパルタ式教育を受けるアキオの救いは、陽子先生の歌う「お菓子と娘」という歌だけだった。やがて、フサノという女性に引き取られることになったアキオだったが、フサノが彼を労働力としか見ていないことを知り、ショックを受けて家出してしまう。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
日本
配給
マジックアワー
上映時間
107分

[c]2011「エクレール・お菓子放浪記」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.2
  • kin_chan

    5
    2011/7/12

    戦中、孤児のアキオは孤児院を抜け出し空腹のあまり盗みを働く。捕まって感化院に入れられる。ホワイトデビルと恐れられている指導員にしごかれる。
    その中で唯一癒されたのが、陽子先生の歌う「お菓子の好きなパリ娘」だった。

    その中で、アキオは養子に引き取られ、陽子先生は親の看病で教員をやめる。
    アキオはいろんな境遇を経ながらも、心のよりどころは陽子先生の歌っていた「お菓子の好きなパリ娘」とお菓子のレシピ本だった。

    戦況はどんどん悪くなっていき、やがて終戦に。

    終戦後も孤児たちは救われず、苦しい生活を強いられる。
    その中で、上野の山で「のど自慢大会」が開催。アキオはみんなに推され出演。
    身の上を語り、「お菓子の好きなパリ娘」を歌う。その時、アキオを探しに来ていた陽子先生と感動的な再開を果たす。

    アキオを労働力として養子にとった野田フサノも、本当はアキオを愛していて、お菓子のレシピ本を空襲で焼けたら大変と肌身離さず持っていたという。

    「無縁社会」といわれる現在。縁がとりもつ、本当に心温まる物語であります。

    エクレールはフランス語読み。日本名はエクレア。チョコレートをまぶしホイップクリームなどを包み込んだケーキです。要するにシュークリームの別バージョンです。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • 走れメロス

    4
    2011/6/17

     食い意地の張ってる私は、映画を見てる最中から
    エクレアが食べたくて、映画が終わったら
    買って帰ろうと思って、きっちり買って帰宅したとたん
    頂きました。
     戦争映画は数々あれど、こんな切り口の映画は
    初めてではないでしょうか。
     物心ついたら、孤児院にいた少年から見た戦争、
    戦後の混乱をたくましく生きる、すさみがちな気持ちのなかに,感化院の陽子先生との思い出がうまく描かれてると思いました。
     少年を引き取る石田あゆみ演じる老女 さすがにうまいですね。
     最後の現在の落ちはちょっと意外でした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • おさおさ

    3
    2011/6/2

    お菓子の好きな子供がお菓子職人になる過程を描いているのかと思ってたら少し違ってました。
    主人公がエクレアを作るところは描かれていません。
    戦時中から戦後にかけて主人公の子供の頃、苦しかったこととか、希望が見えたこととか、人の愛情を知ったことなどが細かく描かれています。
    反戦映画のようにも見えますが、やはり子供の成長や人との絆を描いている映画です。
    主人公の演技が少しオーバーで鼻につくところはあります。
    ですが、周りを演技派の豪華俳優陣が固めているので大丈夫。
    ただ、「お菓子の好きなパリ娘」の歌は耳タコになるかも。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告