劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ|MOVIE WALKER PRESS
MENU
  • 映画TOP
  • 作品情報
  • 劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ

劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ

2011年4月2日公開,90分

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

別々の場所で様々な悩みを抱えた男女が、バンド“神聖かまってちゃん”の音楽によって自分らしい生き方を取り戻す姿を描く青春群像劇。同バンドが出演のほか、主題歌・劇中歌も担当している。監督は、「SR サイタマノラッパー」の入江悠。出演は、「ガマの油」の二階堂ふみ、本作が映画初出演となる森下くるみ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ロックバンド“神聖かまってちゃん”の大規模なライブまで、あと1週間と迫っていたある日。“プロの棋士になる”という今時の高校生とはギャップのある夢に悩んでいた女子高生の美知子(二階堂ふみ)は、彼氏から神聖かまってちゃんのライブに誘われる。しかしその日は、自力でのぼりつめたアマ王座決定戦の決勝戦だった。シングルマザーのかおり(森下くるみ)は、昼は清掃業、夜はショーパブダンサーとして昼夜を問わず働きながら、息子・涼太を育てている。神聖かまってちゃんのネット配信に夢中な涼太が保育園で問題を起こし、かおりは園長に呼び出されて厳重注意を受ける。神聖かまってちゃんのマネージャー・ツルギ(劒樹人)は、バンドがメジャーデビューするという状況で奔走していた。しかし新しい上司は、バンドの売り出し方について不条理な難題を押し付けてくる。別々の場所で様々な悩みを抱えた男女のくすぶった心に、神聖かまってちゃんの歌が届く。すると、彼らの運命は、“自分らしい生き方”に向かって一気に動き始める。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
日本
配給
SPOTTED PRODUCTIONS
上映時間
90分

[c]2011『劇場版 神聖かまってちゃん』製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • rikoriko2255

    たけ

    3.0
    2011/5/14

    映画としてみると、かなりベタで演出は臭いし台詞回しも自然じゃないけど、トータルでかなり楽しめる。かまってちゃんファンには最後のライブシーンだけでもいいんとちゃうか。(となると映画の意味は無いね。)まあ、の子的にはこの映画はいらないって思ってると思う。 女子高生役の二階堂ふみちゃんはすごくよかったですよ。 劇中の「ひきこもり撲滅ポスター」が欲しいです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告