イースターラビットのキャンディ工場|MOVIE WALKER PRESS
MENU

イースターラビットのキャンディ工場

2011年8月19日公開,95分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『怪盗グルーの月泥棒 3D』のスタッフが再結集。実写とアニメを合成させたコミカル・アドベンチャー。ひょんなことから同居することになったウサギの王子と失業中の青年が、ウサギVSヒヨコの戦いに巻き込まれる。飴やチョコなどのお菓子を武器に、画面の奥から押し寄せてくるヒヨコの大軍は圧巻!

予告編・関連動画

イースターラビットのキャンディ工場

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

イースター島のキャンディ国に住むウサギの王子イービーは、ミュージシャンになるのが夢。キャンディ工場の跡継ぎになれという父の命令に逆らい、ハリウッドへ向かい、フレッドという青年の助けでオーディションを受けることに。その頃イースター島ではヒヨコたちが武装蜂起。王子失踪に乗じてキャンディ工場を乗っ取ろうとする。

作品データ

原題
HOP
映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
アメリカ
配給
東宝東和
上映時間
95分

[c]2011 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    YO99

    3.0
    2011/9/2

    「グルー」に続く、CGアニメと実写の合成映画。話し的にはオーソドックスな親子(父と息子)の葛藤と成長がメインです。家業?を継いで欲しい父兎と夢を追いかけたい息子兎。早く一人前になって自立して欲しいと願う父と期待に応えられないニート息子。この息子たちが出会い試練を乗り越えて進むべき道を拓いて行きます。
    「あ~。結局ハッピーエンドか~!?」とも感じますが、御伽噺だからこれで良いのでしょう。
    寧ろ日本語吹き替えの人選ミス感が大です。兎世界側の声優陣にはそれほど違和感は無いのですが、人間世界側の吹き替え陣が雰囲気や表情や動作とも合っていなくて観ているのが辛くなってしまいます。
    映像的に、親子で観るには丁度良い楽しい映画です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2011/8/31

    イースターに馴染みの無い日本人には解り難い設定では有るけど、キリスト圏の人たちには納得なんだろうなぁ~
    そこはちゃんと中国で、ネタになっている所が可笑しい♪
    エンディング後のオチが生きているよね。

    厳しかったパパの最後のはしゃぎっぷりを観たら、イースターがどれ程の物か解るでしょ?
    クリスマスのサンタクロース並みよ。
    日本の行事で言ったらなんだろう?お正月の七福神とか?違うか?

    兎に角、EBが可愛い。機械仕掛けの動くぬいぐるみを演じるところが特に好き♪
    人間の中では主演の筈のジェームズ・マースディンが全然注目されてないのは残念だけど。
    『アメージングハイウェイ~』でも父親に逆らえず迷走する青年役だったけど、10数年経っても変わらない役ね~
    今回、EBに喰われちゃって居るのは、まぁ仕方ないわよねぇ。あのキュートさだし。

    まぁ、ストーリーはお子様向けであまあまだけど、キュートさで全然許せるわ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告