ロラックスおじさんの秘密の種|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ロラックスおじさんの秘密の種

2012年10月6日公開,86分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

欧米の子供たちなら誰でも知っている絵本作家ドクター・スース。彼の著作を『怪盗グルーの月泥棒』の製作スタッフが、カラフルかつコミカルな映像で3Dアニメ化したファンタジー大作。本物の木が生えなくなった世界を舞台に、木が生えるための重要な人物・不思議な森の住人ロラックスおじさんを探そうとする少年の冒険が描かれる。

予告編・関連動画

ロラックスおじさんの秘密の種

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

本物の木が1本も生えないほど環境が悪化した世界で、少年テッドはすべてが人工の街で暮らしていた。好きな女の子のために本物の木を入手しようとした彼は、荒廃した街の外で暮らす老人ワンスラーのもとへ向かう。彼は、不思議な森の住人ロラックスおじさんが戻ってこないと、本物の木を手に入れることはできないと言う。

作品データ

原題
Dr. Seuss' The Lorax
映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
アメリカ
配給
東宝東和
上映時間
86分

[c]2012 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    YO99

    3.0
    2012/10/22

    カミさんのお供で観賞。どうにも中途半端でスッキリしませんでした。結局、環境問題アニメでしょうか?
    ほとんどの上映が吹替版だったのも気に入りません。正直、子供向きアニメ映像ですが、ストーリーは、環境問題系社会風刺と栄光・慢心・挫折・悔悟・復活の人生訓中心の辛気臭いというか説教臭い流れです。
    ロラックスおじさんの登場場面は少なめで、吹替の志村さんの長所も活かされていません。「木」の設定も荒唐無稽で説得力に欠けます。テッドとワンスラーで主役を二分した感じでピンと来ません。
    映像の奇抜さだけでは大人も子供も納得できないと思います。期待はずれな作品でした。
    むしろ前振りの“ミニオン”ショートアニメの方が、ストレートで可愛く楽しく観ることができました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    さっちょ

    4.0
    2012/9/18

    もし、全てがプラスチックで出来ている街だったらって思うと、ぞっとする。でも、住民達はそれが当たり前で、返って自然の木は枯れたり虫が食ったりして汚れてよくないって思っている。人間ってその環境に適応してしまうと、不条理なことも正当性を感じてしまうのかもしれない。
    そんな中、本物の木を見たい願う女の子の夢を叶える為、少年が奔走する。そして、ワンスラーという老人から、緑いっぱいの街がどうしてプラスチックの街に変わったのかを知る。
    当初は相手にされなかったはずの製品が、ちょっとしたことで大ブレーク!売れる品を作り、自分の利益を得る為に、環境を破壊してしまった結果、どうなったのか。
    どうすれば、木を手に入れられるのか。
    でも、街がプラスチックでなく本当の自然ある世界に変わると困る人もいる。
    便利さや利益の為に、環境破壊していいものなのか。
    とっても深いメッセージが込められている。
    っていうと哲学的だけれど、でも、『リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?』のトリプルGのおばあちゃんのようなパワフルおばあちゃんや、なんだか微笑ましく癒される歌声のハミング・フィッシュ達やクマのようなバーパルーツ族などロラックスおじさんの周りにいっぱいいる愉快な動物達のとってもキュートなキャラクターや、明るい映像や、アドベンチャータッチで、わかりやすく楽しめるストーリー。
    ワクワク楽しみながら、自然の大切さを学べます!

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    3.0
    2012/9/6

    木の生えている景色は、カラフルとフワフワが可愛くきれいでした。
    そんな綺麗な自然を、金儲けのために崩していって、さらにまた金儲けのために人口の街を作って................。

    その自然をテッドが取り戻すお話なんだけど、おばあちゃんがニクイ行動をしますよ。
    そうそう、テッドのバイクかっこよかった~ぁ。
    今日はちびっこが多かったけど、自然は大切にしようねって、わかったかな???

    今回ロラックスの声は志村けんが担当したみたいだけど、なんか思ったより軽い声で全然合ってなかった。

    違反報告