聯合艦隊司令長官 山本五十六|MOVIE WALKER PRESS
MENU

聯合艦隊司令長官 山本五十六

2011年12月23日公開,141分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

戦争反対でありながら、連合艦隊司令長官として開戦の火ぶたを切ることになった不世出の軍人・山本五十六。歴史に翻弄された彼の苦悩に満ちた半生を描く。『八日目の蝉』の成島出監督のもと、主演の役所広司をはじめ、日本映画界を代表する豪華スターが結集。太平洋戦争開戦の謎に迫った骨太のドラマを展開する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

昭和14年。海軍の良識派三羽ガラスと言われた米内光政、井上成美、山本五十六は日独伊三国軍事同盟締結に反対する。日本がナチスと組めば間違いなくアメリカと戦争になるからだった。翌年、第二次世界大戦の勃発により三国同盟がついに締結される。対米戦は避けられないと悟った山本は、悩み抜いたあげく、苦渋の結論に達する。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
141分

[c]2011「山本五十六」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    やまひで

    2.0
    2021/1/12

     こういう「英雄」伝説作りの映画は、それが戦争映画、しかも大日本帝国皇軍をめぐる映画であれば、なおさら辟易する。戦前も山本は、「軍神」と呼ばれた。本作の態度は、基本的にその当時の精神的態度と違わないのではないか。しかも、それが、政治的にポピュリズム的、風見鶏「ジャーナリズム」との対比して語られている。「ジャーナリズム」批判がなされるのなら、「軍神」にこそ偶像破壊がなされるべきではないか。

    違反報告
  • rikoriko2255

    お水汲み当番

    4.0
    2020/8/12

    世の中には、山本五十六の人となりについて、興味も持たずに生きて来た人もいるでしょう。
    そういう人にはお勧めできる映画です。

    役所広司は良い顔になりましたね。もちろん演技も良かったです。
    脇役も良かった。
    ただし子役のヘタッピさ加減がちょっと……って感じかな。
    山本五十六からプレゼントを貰うシーンで、子役が一瞬カメラ目線をくれてしまって、すべてをブチ壊しにしています。

    彼に興味を持って何冊も本を読んだことがある人には、シナリオ的に新しい事実の掘り下げが特に見当たらず、淡々とドラマが進むので、3点か4点か迷ったのですが、3.5点、切り上げて4点って感じかな。

    2時間を軽く超える長編なので、時間潰しにはもってこいだと思います。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    違反報告
  • rikoriko2255

    モントーヤ

    4.0
    2012/1/29

    昭和12年~17年に亡くなるまでの期間、太平洋戦争開始前から真珠湾攻撃、ミッドウェー海戦、ガダルカナル島撤退、い号作戦、そしてP38に襲撃されるところまでの山本五十六を描く。
    前半、開戦当時の政治や経済のの閉塞感、マスコミの姿勢など今の置かれている状況が似ていることに少し怖さを感じる。

    中盤、戦艦・空母・零戦などの映像にどうしても男子としてテンションが上がる。

    終盤、戦況の悪化から持論の早期講和の落しどころが見つからず、覚悟していたかのような襲撃での最後に男を感じる。この部分は特にどう表現してよいか難しい部分だが非常に印象的でこのシーンだけ役所広司が本当に山本に見えた。

    違反報告
  • rikoriko2255

    eva

    5.0
    2012/1/12

    五十六の心の葛藤や日本人としての誇り、人間の愚かさやマスメディアの酷さ(この2点は、今も全く変わっていない事を憂う)をよく描いた作品だと思います。
    最後の小椋桂さんの歌も良かったです。

    若い人達にも、こういう作品をぜひ観て頂きたいです。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    元電気メーカー社員

    4.0
    2012/1/1

    ともすると教科書的な事実の羅列に終わってしまいそうな物語に膨らみが出たのは、出演者の演技もさることながら、劇中数多く登場する、若き新聞記者からの視点を描いたシーン。この視点によって、当時の世相や、マスメディアの姿勢が、説明を最小限に留めつつ臨場感を持って描かれている(ただし満洲事変からの日本の戦争にいて、それなりの予備知識は必要)。戦闘シーンの撮影にも非常に手間をかけているが、必ずしも、物語の重点をそこに置いている訳ではない。タイトルは個人名になっているが、描かれているのは個人ではなく、日清・日露戦争の勝利に我を忘れた日本人達が、エリート層までも思考停止に陥り、無謀と分かっている戦争に突入して行く様。マスメディアの罪を明確に描いた点も良い。山本五十六の人物像については賛否いろいろあるだろうが、太平洋戦争での日本人犠牲者の9割が、最後まで講和の可能性を探り続けた山本の死後、命を落としたという事実は、重く受け止めるべきだろう。

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    4.0
    2011/12/28

    この映画、よく見たら豪華俳優陣です。
    時間も長くて大変だ~ぁと思いましたが、最初から最後まで結構観ごたえがありました。
    勉強にもなるかな!?

    山本五十六演ずる役所広司がとてもはまり役で、素晴らしかったです。
    香川照之はちょっとお偉いさん役が多い気がするけど、どれもなんか偉そうで無理してる感じがして残念。
    内容的に年配の方が多かったですが、映画的には若い方もてくださいって感じでしたよ。

    違反報告