少年と自転車|MOVIE WALKER PRESS
MENU

少年と自転車

2012年3月31日公開,87分
  • 上映館を探す

第64回カンヌ国際映画祭でグランプリに輝き、史上初の5作品連続で主要賞受賞という快挙を成し遂げた、ベルギーのダルデンヌ兄弟監督による人間ドラマ。03年に彼らが来日し、施設に預けられた少年が親が迎えにくるのを待ち続けていたという話に着想を得て製作された。シリル少年を演じるのは期待の新鋭トマ・ドレ。

予告編・関連動画

少年と自転車

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

シリル少年は、いつか自分を児童相談所に預けた父親を見つけ、再び一緒に暮らすことを夢見ていた。美容師のサマンサと出会い、いつしか週末を彼女の家で過ごすようになったシリルは、いつものように自転車で町を走っているときについに父親を発見。ところが、シリルは再び父親に捨てられ、サマンサはそんな彼を愛おしく思うように。

作品データ

原題
Le Gamin au vélo
製作年
2011年
製作国
ベルギー フランス イタリア
配給
ビターズ・エンド(提供 ビターズ・エンド=角川書店=donhyu=WOWOW)
上映時間
87分

[c]christine PLENUS [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.0
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2012/4/10

    子供にとって親は無償の愛をくれる者だろう。シリルの父親は自分勝手な拒絶である。それでもシリルは何とか自分に向いてくれるよう努力するが、完全なる拒絶をされる。愛情を注がれない子供は分厚い殻に閉じこもる。自分の心を人に見せないから、トラブルメーカーとなる。自由がないのだ。本心を言ったところで誰も応じてはくれない。そんな時大事な自転車を届けてくれたサマンサ。もちろん父親探しの手伝いもあるが、他の人とは違って自分を見てくれた彼女に何かを感じたのかも。しかし、親に拒否された子供は難しい。当然だが。ふっとthe endになったところがダルデンヌ兄弟らしい。シリルとサマンサが互いを分かり合えたとは言えない。この先もうんとたくさんぶつかり合うだろう。しかし彼女が彼を受け入れた寛大さ、シリルの面と向かって謝ることができた心、今後の話はないけれど上手く行ってほしいよね。親は子供を産んだら本当に責任持たなくてはなりません。子供は親を選べない。しかしJ.レニエ体型とか老化にびっくり。これ、役作り?

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2012/4/10

    児童福祉は日本より発展しているのかなぁ・・? 貧富の差が日本より激しいせいなのかな? 育児能力を持たない親を持つ子供は、ホームに入っている。 たとえ自分を捨てたとしても、邪険にされたとしても、子供は親が大好きで、親に気に入られようと必死になる。シリルもそうね。 自分の事しか考えていない、ひどい父親なのに。 親身に考えてくれる、先生や、自分を犠牲にして気にかけ世話をしてくれるサマンサも、父と自分を引き裂く敵に思える。 信じたくないからなんだろうjけど・・悲しいねぇ・・ それにしても、サマンサが良い人過ぎて、この先どうなったか気になるわ。幸せになって欲しいなぁ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    3.0
    2012/2/24

    お母さんが死んで父親だけでは育てられないと、一時的に孤児院に預けられた少年シリルだけど、はっきり言って父親に捨てられた!? 金に困ってるからって、シリルの自転車まで売っちゃう父親に、会いたいなんて................。 そんな父親に期待しちゃ~ぁダメだって!! 美容院を営むサマンサは、なんで恋人とも別れシリルの里親になったのか? シリルに父親に捨てられた事実を知らせるのは酷な感じだったが、のらりくらりよりはある意味すっぱりの方が~~~~~ぁ。 一時は悪に足を踏み入れたシリルだったけど、サマンサの愛がシリルを正しい道に導かせたのかな!? 大切なのは、その後どう生きていくかだよね。 あれれっ、この辺は昨日のヒューゴにちょっと似てるとこあり??? フランスとイタリアの合作映画でした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告