ロボジー:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ロボジー
ロボジー
4.1

ロボジー

2012年1月14日公開、111分、コメディ
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    18
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『ハッピーフライト』などコメディを得意とする矢口史靖監督が、ロボットと老人をテーマに作りあげたエンターテインメント作。73歳の老人をロボットの中に入れることになった窓際社員3人がおかしな騒動を繰り広げる。鈴木老人を演じるのは、200人を超えるオーディションで選ばれた五十嵐信次郎(=ミッキー・カーチス)。

ストーリー

家電メーカーの落ちこぼれ社員、小林、太田、長井の3人は、社長命令でニ足歩行ロボット、ニュー潮風を開発。だが、ロボット博を前に大破し、クビを恐れた彼らは中に人間を入れて、その場をしのごうとする。選ばれたのは73歳のおじいちゃん、鈴木。そんなニュー潮風にロボットオタクの葉子が恋したことから、事態はおかしな事に。

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
日本
配給
東宝
初公開日
2012年1月14日
上映時間
111分
製作会社
フジテレビジョン=東宝=電通=アルタミラピクチャーズ(製作プロダクション アルタミラピクチャーズ)
ジャンル
コメディ

[c]2012 フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ
[c]キネマ旬報社