ロック・オブ・エイジズ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ロック・オブ・エイジズ

2012年9月21日公開,123分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

夢を叶えようと奮闘する若者たちの姿を、80年代のロックナンバーとともに描き、人気を博したロックミュージカルを劇場映画化。トム・クルーズがかつては“ロックの神”と呼ばれ、若者たちの姿に影響されて再起を目指す男、ステイシー・ジャックスを長髪をなびかせて熱演。監督は『ヘアスプレー』のアダム・シャンクマン。

予告編・関連動画

ロック・オブ・エイジズ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ハリウッドでの成功を夢見る人々が集うサンセット・ブルーバード。ロックシンガーを目指すドリューと女優を目指すシェリーは同じライブクラブで働き、ひかれあっていく。だが、シェリーがライブで訪れたロックバンドのボーカル、ステイシーと関係を持ってしまう。また、ドリューはステイシーの前座で歌ったことでスカウトされる。

作品データ

原題
Rock of Ages
映倫区分
PG12
製作年
2012年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
123分

[c]2012 WARNER BROS. ENTERTAINENT INC. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    YO99

    3.0
    2012/10/2

    カミさんのお供で観賞。エ!?これってミュージカルだったんですか?それにしてはちょっと・・・
    ロック派ではありませんが、選曲は良いと思いましたし、トムさんはじめメイン俳優さん達が頑張って盛り上げてくれているのが良く分かりました。
    ただ、メイン4人=4本のストーリがクロスしているので面倒臭いというか詰め込みすぎかとも思います。
    「レント」「バーレスク」「ランナウェイズ」等を観てきたので、何となく中途半端感を感じました。
    音楽ベースで楽しむ方が良いと思う作品です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    4.0
    2012/9/29

    ミュージカル映画と言っても過言ではない。
    80年代の青春を生きた人は懐かしいはず。それ以外の方々ももちろんノリノリになれる!
    しかし、T.クルーズである。「マグノリア」のSEX伝道師も目が点になったが、今回も若干肉付き良いロックンローラで開いた口がふさがらん。
    驚くのは皆、歌が巧い!もちろん本業の方もいるので、当然ですが、C=ゼタ・ジョーンズはさすが!ダンスもキレがある。A.ボールドウィンもT.クルーズも俳優の枠超えてるよ。
    このストーリー、ベガスでshowとして売ったらsoldout必須だな。ラストのDon't stop Believenは心で一緒に歌うでしょう。
    劇中シーン、とんでもないことが多い。A.ボールドウィン。まさかの行動。ラストのゼタ・ジョーンズ。思わず声を発してしまったよ。必見だ。

    80年代、楽しそう。今、CDの存在も危ういのに、当時、レコードを探す、集める、そんな行為が音楽好きにはたまらないだろう。そういうことが知らなくなる世代が多くなるなぁ。寂しい。

    でもこのfilmにはpowerがあり、元気をもらえる。音楽がいつまでも頭に響く。

    違反報告
  • rikoriko2255

    samill

    5.0
    2012/9/23

    主役の2人がとても、チャーミング!歌も上手で色々な場面で昔夢中になって聞いた曲が、流れて歌は違う人が歌っているのですが、とても良かった。映像も綺麗でした。トムは凄い!50歳の年齢を感じないぐらいの身体の動き!肉体美!そして、歌が上手で何でも出来て、ますますファンになりました。とっても元気が出てセクシーで明るく楽しい映画。コンサート帰りを思い出しました!当時を思い出す人、ロックの好きな人音楽好きな人に是非お勧めです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    じぇふりぃちゅうぶ

    2.0
    2012/9/22

    何の事はないミュージカル映画。しかもロックスターとしては(実年齢でも)かなり高年齢になってしまったトム・クルーズが、最後には本当の愛を得る!と言うお約束の展開。

    歌とかのレベルは高いと思いますし、この手の映画を面白いと思える人には問題無いでしょう。でもそうではない人には、どうでも良い様な映画。ミュージカル映画は、ハマる人とそうでない人には大きな開きが有ります。

    一番驚いたのが、出演女優のキャサリン・ゼタ・ジョーンズの劣化の激しさ!殆どババア?と言う程に顔の皺も多いし、体系も崩れてしまっている。

    この年齢になっても、こうしたキャラを演じようとする姿勢には敬服するが、役にマッチしていないのではマイナス。そろそろ母親の役で新境地を開いて貰いたいと思いました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    3.0
    2012/9/13

    ロックは好きじゃないけど、ガンガンロックばかりじゃないし、ミュージカルだったんで観れましたよ。
    トムクールズは体も鍛え、歌も口パクじゃなく美声を聞かせてくれ、伝説のロックスターを見事に演じてました。でも主役じゃないのよ。

    主役はロックを目指す若者たち!!
    田舎から出てきたシェリー(ジュリアン・ハフ)はとてもキュートでした。
    2人でロスで有名な、山の上にあるHOLLYWOODの文字があるところで夜景を見てたんですが、とてもきれい!!
    あそこって夜景を見れるスポットだったの?
    もしそうだったら私もあそこから夜景を見てみた~~い。

    そうそう、ステイシーといつも一緒にいるお猿さん、凶暴だけど賢くて、結構笑わされました。
    そのほかにも、話の流れで笑えるところいっぱいでした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    さっちょ

    4.0
    2012/9/10

    スターを夢見て勝ち取ろうと奮闘する若者達と落ちぶれた中年のロックスター。現実世界の厳しさを知らしめさせられる。
    監督の『ヘアスプレー』が淡いパステルのイメージなら、この作品は黒・灰色・シルバーという色のイメージ。
    知らないロックナンバーばかりだったけれど、歌の歌詞がストーリーとマッチしていて、またそれぞれの歌声も素晴らしい。なんとなく『バーレスク』的ストーリーをも感じられた。
    キャサリン・ゼタ=ジョーンズは『シカゴ』から思っていたけどやっぱり歌も上手い!市長の夫を尻に敷いて権力握る教育ママゴン姿も『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』の女大佐スパルコ似の姿も好き。
    何よりトム・クルーズの変貌にびっくり。(O_o)WAO!!歌声を聴いて、話している声よりけっこう高くて繊細な声なんだなぁって思ったり、今まで観てきた作品によるかっこいいイメージが、心の底はまっすぐで素敵なんだけど、ちょっとマッチョでいっちゃったおっちゃんに感じられてしまった。( o_o)ガーン そして意外に乳首小さいんだなんて思ったり。(^^ゞこの作品もDVDなどでずっと残るんだろうし、役とはいえ、スリちゃんが大きくなって観たらこれが父親って幻滅するかもしれないって思うと、離婚して正解だったかも。
    随所に笑える小ネタもあってユーモアも忘れていない内容で、重苦しくなりそうな展開を楽しませてくれる。
    混沌とした世界に渇を与えてくれる、パワーあふれる映画です。夢って見ているだけでは叶えられない。自分で掴み取るものなんですね。

    違反報告