ダーケストアワー 消滅|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ダーケストアワー 消滅

2012年12月1日公開,90分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

モスクワを舞台に、突如、地球へ襲来したエネルギー生命体のような姿なきエイリアンと人類との戦いを描くSFアクション。『リンカーン 秘密の書』のティムール・ベクマンベトフ監督が製作を、『プロメテウス』のジョン・スぺイツが脚本を手がけた注目作だ。主演は『イントゥ・ザ・ワイルド』のエミール・ハーシュ。

予告編・関連動画

ダーケストアワー 消滅

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

若き企業家のショーンとベンはビジネスチャンスを求めて、モスクワを訪れる。ナイトクラブへやってきた彼らは突然、停電に見舞われ、外に出てみると、空から無数の謎の光が地上に降り立っていた。それは地球侵略にやってきた姿なきエイリアンだった。やがて、人々が次々と粉砕されていくなか、ショーンとベンら5人は彼らに立ち向かう。

作品データ

原題
THE DARKEST HOUR
映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
アメリカ
配給
エスピーオー
上映時間
90分

[c]2012 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

2.7
  • rikoriko2255

    YO99

    4.0
    2012/12/10

    「ID4」や「ロサンゼルス決戦」に似通った作品です。面白いのは、モスクワを舞台にしているので背景がダイナミックというかだだっ広い映像がたくさん出てきます。 圧倒的な破壊攻撃力を持つ宇宙人が突如地球全域で侵略を開始し人類は手も足も出ず葬られていきます。今回は、生体粉砕というスタイルでなかなかの見ものです。 視覚的に見えない敵ですが「バトルシップ」同様に、移動状況が分かる仕掛けになっています。宇宙人側からの人間の見え方が「プレデター」状態だったのは、当たり前すぎて残念でした。 次第に敵の正体や特性や弱点も見えてきますが、最後の反撃の決定打になったのが何なのか?どういう物でどういう仕組みから敵を倒せるのかは不明のまま、いきなり「世界各地で反撃開始」の無線連絡が入ってエンド。 特撮画像としては工夫されていて面白かったのですが、流れと言うか組み立てがグダグダ迫力不足で、エンドは説明不足というチョイと惜しい作品でした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    3.0
    2012/11/29

    モスクワを舞台に、突如、地球へ襲来したエネルギー生命体のような姿なきエイリアンと人類との戦いを描くSFアクション作品。 始まりの音楽もよく、ストーリーの設定もいい。 光に追いかけられ捕まると粉々になり灰にされてしまう映像は、結構迫力もある。 皆が次々と殺されていく中、どう生き延びどう戦うか、ワクワクドキドキ。 でもだんだん勢いがなくなってくるのが残念。 もう少し手を抜くことなく頑張ってほしかった。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告