BRAVE HEARTS 海猿|MOVIE WALKER PRESS
MENU

BRAVE HEARTS 海猿

2012年7月13日公開,116分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

海上保安官の青年と仲間たちとの絆を描く、人気コミックが原作のアクション・ドラマの劇場版第4作。原作でのラストエピソードに当たり、映像化は不可能と言われていた、ジャンボジェット機緊急海上着水事故に、海上保安庁の精鋭36人からなる特殊救難隊が挑む。仙崎役の伊藤英明、その妻役の加藤あいら主要キャストが顔をそろえる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

海上天然ガスプラントの事故から2年、仙崎は後輩の吉岡とともに特殊救難隊の一員として、海難救助の最前線にいた。そんなある日、吉岡の恋人がCAとして搭乗する羽田行きのジャンボ旅客機がエンジントラブルを起こし、飛行困難に陥る。視界のまったく効かない夜間フライトの中、機長は東京湾への着水のため、機体を降下させる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
116分

[c]2012 フジテレビジョン ROBOT ポニーキャニオン 東宝 小学館 エー・チーム FNS27社 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5
  • rikoriko2255

    パライバ

    3.0
    2012/7/23

    展開は初めから読めてしまうけれど、ちゃんとドキドキできる。ご都合主義で強引過ぎる辻褄合わせだけれど、「皆が一丸となって」「誰も死なない」「全員を救う」のは悪くない。

    皆が自分の持ち場をちゃんと全うすれば世の中が明るい方に向かえそう。そうなるといいね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    ろっこ

    4.0
    2012/7/18

    個人的に海猿2と並ぶ作品です!

    今回も仲間の絆・信じる心・団結力など色々考えさせられたような気がします。
    一気に感動!というよりは、じわりじわり・所々感動する場面が多いです。

    でも、ハラハラ感は過去の作品と比べると少ないかもし
    れません…
    もう少し何かひねりが欲しいなーと思ってしまいました。

    と言いつつも、観る価値有りです!

    違反報告
  • rikoriko2255

    じぇふりぃちゅうぶ

    2.0
    2012/7/14

    シリーズ最終作と言う事だそうです。過去の2作も観たが、それと同様の事を感じてしまった。

    お話が非常にご都合主義で、ツッコミ所が沢山有り過ぎて、素直に作品世界に入れなかった。

    こうしたプロの活動を描く場合もっと現場で働くプロの人の意見を反映すべきでは?と思う。そうした事が、所詮は虚構の世界でしかない映画にリアリティをもたらす。

    ジャンボを海上着水させる理由に「すぐに日暮れになってしまうから」としておきながら、ロケのシーンは、どうみても真っ昼間のカットが延々と続くのは如何な物か?

    右翼だけ2発の極端な推力の片寄りがある状態で、強い北東風が吹いている羽田でC滑走路を使うくらいなら、正対風となるD滑走路(05/23)を使うのが筋。私ならそうする。

    ジャンボの左エンジンが発火した際のパイロットの行動が変だし、CGの映像もおかしい。

    左に方向舵を切っている。この場合は、まず右ラダーと当て舵としての若干の左エルロンを切る事が初動として正しいのだが、そうした意見をパイロットに聞く事はしなかったのか?

    ランディングギアが完全に降りていない事を外部から指摘されるシーンも、疑問符が付く。この確認は非常に重要な事。警報装置が設置されているので、パイロットがまず気付く筈です。

    油圧系統が3つとも駄目になっている台詞が有るのに、スラットもフラップも作動しているのも疑問。無理だと思う。

    深度60メートルの海底に沈んだ者が、化学反応で酸素を発生させるだけしかない旅客用の非加圧の酸素を吸って生存していると言うのも、納得出来ない。こんな深度で使えるのかどうか?やった事が無いので、出来ないとは言えないが。

    更にアクアラングで深度60メートルから浮上するシーンがアッサリし過ぎて、本当にご都合主義だなと思う。脱窒素の為に、浮上にはかなりの時間がかかる。

    仲間から海中でボンベを沢山貰いながら、ゆっくりと浮上するか、浮上後にそのまま3人とも酸素タンクに運び込まれるなら、まだ納得が出来る。

    こうしたお話に勢いを感じる映画は嫌いではないが、リアリティが無いのでガッカリ。傑作航空映画「ハッピーフライト」位のリアリティは、求めては駄目なのでしょうか?

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    さっちょ

    5.0
    2012/7/5

    シリーズ化すると前作に比べてがっくりってこともあるのだけれど、海猿は違う!テレビドラマも映画も今まで全部見てきたけれど、前作の3D以上は無理と思いきや、負けない程とっても良かった。
    さっすが東宝。さっすが羽住監督。さっすが亀山千広さん。ストーリー展開,カメラアングル・音楽,キャストどれをとっても一流で見事!
    ありえないよーって思う箇所もありながら、でも理にかなっているって納得できるし。ユーモアある笑える部分も忘れていないし。家族の愛も感じられるし。
    なにより、リアルな映像の迫力が凄い!緊迫感がある。そして、理性・沈着冷静でいる姿勢と人の命の重さに対する姿勢についても描かれている。さらに決して一人でない、みんな同じ方向を向いて懸命に支え合っている人のつながりの素晴らしさ。人間って凄い!信じることって凄い。それは絵空事でなく、現実的な現場の雰囲気をも感じさせてくれた。
    海猿の主題歌はいつも素敵!伊藤由奈もB'zもEXILEも大好き!今回のシェネルも最高! エンドロールではシェネルの歌声に合わせて過去の映像や今回の撮影現場の様子が流れて、一層感極まった。
    製作者サイトの熱い思いは観客に伝わる。魂の震える・心の底から湧き出る感動を味わった。

    違反報告