寄性獣医・鈴音 EVOLUTION:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
寄性獣医・鈴音 EVOLUTION
寄性獣医・鈴音 EVOLUTION
3.0

寄性獣医・鈴音 EVOLUTION

2011年11月26日公開
R15+
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    1
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

漫画家・春輝による携帯コミックを原作に「牙狼<GARO> MAKAISENKI」の金田龍監督が映画化。人体に寄生し宿主を発情させる寄生虫が猛威をふるう都市を舞台に、寄生虫駆除のため日々奔走する女獣医の姿を描く。出演は「銀座愛物語 クラブアンダルシア」の吉井怜、「冷たい熱帯魚」の神楽坂恵、「アサシン」の高野八誠、「極道めし」の木下ほうか。

配信で観る

ストーリー

鈴音が目を覚ますと、そこは見たこともない工場の様な閉鎖空間だった。朦朧としながら記憶を辿ると、鬼頭財閥研究所での死闘や、懐かしい父の姿が浮かんでくる。そして自分が突然、意識を失ったことを思い出す鈴音。恐らく何者かに拉致され、監禁されたのだろう。この建物のどこかに院長の本間(木下ほうか)や助手の竹田葵(前田優希)も囚われているに違いない。鈴音は、同じく閉じ込められていた高哉と協力し脱出を計画。だがそんな二人の前にメイド服を着た謎の少女・レナ(久保ユリカ)が現れ、発情した女たちや凶暴な男たちが次々と襲い来るのだった……。

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
R15+
製作年
2011年
製作国
日本
配給
東映ビデオ
初公開日
2011年11月26日
製作会社
東映ビデオ ショウゲート

[c] 2011「寄性獣医・鈴音」製作委員会
[c]キネマ旬報社

こちらもおすすめ