鍵泥棒のメソッド|MOVIE WALKER PRESS
MENU

鍵泥棒のメソッド

2012年9月15日公開,128分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

頭を打って記憶を失った男と、彼になりすまそうとした売れない役者。記憶を失った男にひかれる女性編集者という3人の奇妙な運命を描く、『アフタースクール』の内田けんじ監督による喜劇。堺雅人、香川照之、広末涼子の3人が複雑に絡み合った事態に翻弄されていく人々をコミカルに演じる。

予告編・関連動画

鍵泥棒のメソッド

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

売れない貧乏役者の桜井は、出来心から、銭湯で転倒し、記憶を失った男とロッカーの鍵をすり替え、彼になりすます。だが、彼は伝説の殺し屋で、大金の絡んだ危険な依頼を受けるハメに。一方、記憶を失った男コンドウは、役者としての成功を目指す。そんなコンドウの姿に好感を覚えた女性編集者の香苗はコンドウにプロポーズする。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
日本
配給
クロックワークス
上映時間
128分

[c]2012「鍵泥棒のメソッド」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.5
  • rikoriko2255

    フジ三太郎

    3.8
    2ヶ月前

    出だしは「太陽がいっぱい」。あとは他のレビューの通り。香川は「OUT('02)」の死体処理業に勤しむ主婦達を脅すヤクザ佐竹のセルフパロディ?と思わせてのどんでん返し。堺との「半沢直樹」は本作の直後が1作目か。テレ東が午後ローで頑張って2時間超本編に入れてくれて堪能。広末も「おくりびと」よりこっちがいいかも。主役で前に出るのも共演を光らせるのも上手い稀有な女優。ガッキーと共演の卓球物も良かったし。

    違反報告
  • rikoriko2255

    お水汲み当番

    5.0
    2020/8/12

    いや、驚きました。
    脚本が素晴らしく、俳優陣も心から楽しみながら演じている映画に、ほんと久しぶりに出会った気持ちがしています。

    プロットを聞いた時点では、
    「頭を打って記憶を失った男と、彼になりすまそうとした売れない役者……」
    という話でして、
    「あ、またよくある人格入れ替わり系か」
    と思って興味をそそられなかったのですが。
    いやいやなんの。

    脚本は、真に驚くべき展開を見せて、かつて観たこともなかった世界へと観客をグイグイ連れて行ってくれます。

    演者の人数がごく少数でギャラも抑え気味、スタジオにもお金は掛かっていないと思いますが、その分、脚本で勝負というわけでしょう。
    これだけ素晴らしい脚本を与えられた香川照之の怪演の凄味も冴えに冴え、堺雅人の演技も抜群で、そしてこんなに美しい広末涼子を再認識できたのも驚きでした。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    違反報告
  • rikoriko2255

    McCOY

    4.0
    2012/10/18

    『運命じゃない人』『アフタースクール』も観ましたが、
    本作が一番好きです。

    堺さん、香川さんは想定範囲内の感じでしたが、
    広末さんがほんとうにチャーミングです。
    彼女のような婚活をしている女性は、
    いまのご時世けっこう多いのかも? とも思ったり。

    物語の基本は、
    始まりと終わりで、登場人物が何らかの変化を遂げていること。
    売れない役者の桜井も、
    殺し屋(便利屋)のコンドウも、
    生真面目なキャリアウーマンの香苗も、
    変われない部分は残しながら明らかに変化している。
    そのあたりに、監督の愛情みたいなものを感じました。
    最後で思わずキュンとしてしまいました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    potewoods

    5.0
    2012/10/6

    ビラは見ていたけど、ぜんぜん映画館で観るつもりはなくて、注意していなかった。ついたち映画千円デーなんで、3本観てやろうと、都合いい時間帯でさがしていたら、このムービーヲーカーでレビュー・評価が高かったから急遽観ることにしました。

    内田けんじ監督の作品は『運命じゃない人』は観ていて、それも複雑な脚本の仕掛けがよくできていて、すごいなあとは思ったのだけど、イマイチ映画的に惹きこまれるところが少なくて、まあまあかな、という評価でいました。しかし今回の作品はすごい良かった!見直した。日本映画で注目の監督の一人にしようと思う。

    皆さん褒めているとおり、脚本がとても面白い。複雑な仕掛けがテンポよく織りなされ、観ていて一分の退屈も感じなかった。ユーモアと哀感のバランスも絶妙で好き。
    それからこの作品の魅力は、役者の力がすごく大きい。
    あのいつまでたっても売れない貧乏役者を、純演劇畑と思われる堺雅人がやることでピッタリくる。夢を諦め(られ)ない、けどだらしない、けど心の根っこで、演劇に信念がある。この手の「あるある」人物像は、よく簡単にバカにされるけど、この映画はそんな人を勇気づけるような、人間愛/芸術愛があり、そのことをうたっている。
    香川照之も負けず劣らず素晴らしくて、たぶんこの映画を見る人は始めから俳優香川照之を信頼して観ることでしょう(冒頭でその信頼が確かめられて、その後も安心して観ていられる)から、ここで書くことは省略。
    広末涼子は、私はこれまで広末涼子が(特に演技が?)なぜかなんとなくあまり好きでなかった(あの眩しそうな微笑み方とか)のだけど、この映画では好感が持てた。表情をあまり変えずに、ロボットのような無表情、でもつねに怯えているような気弱さと、その奥に頑な芯がある、あの人物設定にふさわしくて、ラストの重要などんでん返しも、あの真面目で正直そうな表情でまるまるウソついたのでは?と思わせたところで大成功!?

    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    5.0
    2012/10/3

    古来、この手の話は多くて、男女が入れ替わったり、貴賎が入れ替わったりする。その人生観が180度違うというところが妙味。さて、この作品では?
    同時に『るろうに剣心』も観たけど、その中での香川照之は、絵に描いたような、成金亡者。そういう役も、もちろん良いのだけど、この人は、本作の前半、入れ替わった後の小市民的な描写が素晴らしいね。逆に堺雅人は悪党としては、貫禄不足かな。
    ときどき思うのだけど、例えば、ヤクザ役の俳優と本物のヤクザが対峙したら、どうなるか。役者の方もウソがばれたら、大変な目に遭うと分かっていれば、必死になるから、まず、ばれないと思う。しかし、本物の方は、たぶん業界の符丁(合言葉)を聞いてくるでしょうね。そういうもので本物かどうか見極めようとする。やはり「情報は力」ですね。
    途中、「メソッド」とわざわざ題名に入れたように、演劇論の応酬があります。ここだけ観ても一流のコントですよ。観て損はしません(たぶん)。

    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    5.0
    2012/9/26

    フランスのエスプリとテンポ+イタリアの伊達とナンセンス+日本の洒落と人情、クロスオーバーロマンチックコメディーといえるような御機嫌な娯楽大作です。
    堺さん・香川さん・広末さんのメイン3人が、普通なら交差しないはずの全く異質な各々の人生を好演し、その役を大胆にクロスさせて複雑緻密なストーリーで、観る側の眼とハートを鷲掴みにして気持ち良く振り回してくれます。一緒に観たカミさん絶賛!
    瑞々しくて、甘くて、ヒヤッとして、ツンと酸っぱくて、爽やかで、満足してニッコリ!フルーツクリームソーダみたいに美味しい映画です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    4.0
    2012/9/19

    堺さんは男前なのに何故かダメ男を演じても超一流。
    そして香川さんは表情一つで別人になってしまいます。

    スレ違っていたはずのこの二人が行きつ戻りつ。
    それぞれだけでも十分可笑しいのに、二人が揃うとさらにオカシイ。
    なかなかに前のめりにのめりこんで笑える映画でした。

    ところで、歌舞伎役者さんになっちゃったと聞いた香川さんだけれど、これからも映像の仕事を続けてくれるらしいのは嬉しいです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    さっちょ

    5.0
    2012/9/19

    これは、すっごい脚本です。凝りにこってます。随所に笑えるツボだらけ。クスクスっていう声が客席から聞こえる聞こえる。
    「結婚する日決まっているのに相手はいない」ってこんなことあり?発想が凄い!
    はじめっから笑わせてくれました。
    香川さんやっぱり凄い。お見事です。最初の本来の自分→入れ替わった後→記憶が戻った後の表情のギャップにやられた~って思いました。字も上手ですね。もしかして、こまめに書いていたノートの字は全て香川さんが書かれたのでしょうか?だってそんなに似た字書く人探すの大変ですよね。だとしたら凄すぎる。きちんとしている私生活をも伺えます。さっすが東大卒!まあそんなわけなく、きっと監督がノートをマメにとる習慣がある様子を示していて、スタッフが書いたノートだとは思いますが。(^^ゞ
    大好きな堺雅人さんの情けない表情も無理をして凄もうとする表情も好き!広末さんもとっても役にマッチして淡々としながらもキュートで魅力的でした。
    殺し屋の怖いストーリーと思いきや、恋愛コメディ?の斬新な展開。もちろんハラハラするシーンも皆無ではないですが、それ以上に楽しめる内容で、会話の内容も、テンポの良さも絶妙です。
    ただ、どうやって記憶が戻ったのかという肝心なシーン(葬儀の後で・・・うーん?)を私が見損ねてしまったことがすっごく後悔。もう一度見なくては。
    同じような境遇でも、人が変われば受けとめ方も生き方も変わるものなんですね。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ろっこ

    5.0
    2012/8/2

    完成披露試写会に行ってきました。
    タイトル通りとにかく面白かったです、

    思わず吹き出してしまう面白いシーンが沢山(5分に1回面白いと言っても過言じゃないです)ありすぎて、
    観終わった後「ここが面白かった!」と言うのは難しいです。
    どこが面白いというより、常に面白いです!

    映画の予告では「悲劇が喜劇!?」とありますが、
    後半その喜劇にもドキドキ・ハラハラする部分が沢山あり
    ただ面白いだけではなくちゃんと中身の詰まった内容でした。

    この入れ替わった2人だけではなく、広末さん演じる香苗も
    徐々に変化しているので、この3人が最終的にどのようになったのか
    映画館で確かめる価値有りです!

    違反報告