映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス|MOVIE WALKER PRESS
MENU

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス

2012年4月14日公開,111分
  • 上映館を探す

動画配信

  • netflix

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

埼玉県春日部市を舞台に、おバカな幼稚園児しんのすけが繰り広げる珍騒動を描き、幅広い層から人気のコミック『クレヨンしんちゃん』。1993年公開の第1作から数え、20作目となる本作でも、宇宙まで飛び出したスケールの大きな物語が展開する。監督は前作に続き、シリーズ2度目の登板となる増井壮一。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ある日、野原家に謎の男2人が現れ、しんのすけは彼らから渡された紙にサインをしてしまう。次の瞬間、野原家はUFOに吸い込まれ、彼らはヒマワリ星という見知らぬ土地へ。しんのすけがサインしたのは、宇宙契約書で、ひまわりがその星の姫になるか、さもなければ地球もヒマワリ星も消滅するという究極の選択を迫られる事に。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
111分

[c]臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK・2012 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    じぇふりぃちゅうぶ

    2.0
    2012/4/16

    20周年と言う事で頑張った結果かも知れないが、子供向けの映画にしては長過ぎる。90分位に収めるつもりでないと、子供がついて行けない。

    映画としても展開がモタモタしている様な感じを受けた。言いたい事は伝わるのだが、こんなに時間をかけなくても出来るだろう!と言いたい。

    とにかく観ていて疲れました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    4.0
    2012/4/14

    お馬鹿でスケベだけれど悪意のカケラも待たないしんのすけ。ひろしとみさえは何だかだ言っても子煩悩。野原一家には毎度の事ながらじーんとする。
    ゲストキャラを含め悪人ゼロ。
    最後はしんのすけの「選べない。どっちも」が全てを救う。
    とにかく見終えると心が元気になる。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告