青春の旅情|MOVIE WALKER PRESS
MENU

青春の旅情

1961年11月21日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

かつて映画化されたグレイス・メタリアス原作のベストセラー小説「青春物語」の続編。同じ原作者の小説をロナルド・アレクサンダーが脚色し、「生き残った2人」のホセ・ファラーが監督した。撮影担当はチャールズ・G・クラーク。音楽はフランツ・ワックスマン。出演するのは「ゆきすぎた遊び」のキャロル・リンレイ、故ジェフ・チャンドラー、エレノア・パーカー、メアリー・アスター、ロバート・スターリングなど。前篇とは異なるキャストが組まれている。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ニューイングランドのペイトン・プレイス――高校出の文学少女アリソン(キャロル・リンレイ)の処女作がニューヨークで出版が決まった日、ボストンから法律事務所に勤務しているテッド(ブレット・ハルセイ)が新妻ラファエラを連れて町に帰ってきた。ラファエラはイタリア生まれのモデルだった。テッドはアリソンの親友セリナの元愛人だった。そのセリナはアリソンの母親コニー「エレノア・パーカー」の洋装店に勤めていた。テッドの母親ロバータ(メアリー・アスター)はセリナが嫌いだった。彼女はセリナに息子に会わないでくれといった。テッドを独占しようとする彼女は息子の結婚を歓迎しなかった。そのテッドがラファエラを連れてきたのだから、ロバータの驚きは大きかった。彼女はテッドにセリナを会わせることで2人の仲をさこうとした。セリナはロバータの企みを見抜き、怒ってテッドの家を飛び出した。その途中ラーソンというスキーのコーチの乗っている車と衝突しそこなった。アリソンは処女作に加筆するためニューヨークに行き、出版社の社長リュイス(ジェフ・チャンドラー)に会った。やがて2人は恋仲になった。ペイトン・プレイスではラーソンとセリナが……。アリソンの処女作はベストセラーになった。内容はペイトン・プレイスのスキャンダルを暴いたもので。養父を殺害したセリナの過去も書かれていた。この小説は町の人にショックを与えた。特に町の学務委員会長をしているロバータは激怒した。彼女はアリソンの養父で高校の校長をしているマイクを攻撃した。やがてマイクは免職になった。ラーソンもセリナに対し冷たくなった。町の騒ぎを知ったアリソンはリュイスと帰郷した。彼はラーソントセリナを和解させた。町会はアリソンの小説がワイセツか否かを討議した。マイクの復職にテッドは弁護を買って出た。結果はロバータこそワイセツだと出た。アリソンはリュイスとの仲を清算し、作家の道を歩む決意をした。

作品データ

原題
Return to Peyton Place
製作年
1961年
製作国
アメリカ
配給
20世紀フォックス映画
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?