ル・アーヴルの靴みがき:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
ル・アーヴルの靴みがき
ル・アーヴルの靴みがき

ル・アーヴルの靴みがき

2012年4月28日公開、93分、ファンタジー
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「街のあかり」(06)以来5年ぶりとなるアキ・カウリスマキの監督作品で「ラヴィ・ド・ボエーム」に次ぐ2本目のフランス語映画。監督デビューした1980年代から一貫して社会の片隅でひっそりと生きるアウトサイダーを見つめてきたカウリスマキが、今作ではヨーロッパの深刻な難民問題を描き出す。庶民の人情と善意がたぐり寄せる奇跡を、時に優しく、時にこぼれだすオフビートなユーモアを交え、つむぎだされたヒューマン・ドラマの傑作。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

北フランス、ノルマンディー地方の港町ル・アーヴル。かつてパリでボヘミアンな生活を送っていた元芸術家のマルセル・マルクス(アンドレ・ウィルム)は、ここで靴磨きを生業にしている。駅や高級革靴店の前で仕事をしているが、日々の稼ぎはわずか。だが、家には自慢の女房アルレッティ(カティ・オウティネン)と、愛犬ライカが帰りを待っていてくれる。決して豊かではないが、毎晩呑みに行きマルセルはそんな暮らしに幸せを感じていた。ある日、港にアフリカ・ガボンからの不法難民が乗ったコンテナが漂着する。警察の検挙をすり抜けた一人の少年イドリッサ(フロンダン・ミゲル)は、港でマルクスと偶然に出会う。イドリッサの母親がいるロンドンに送り出してやるため、密航費を工面しようとマルセルは奮闘するが、時を同じくして、妻アルレッティは体調の不調をうったえ入院、医師から不治の病を宣告される。

作品データ

原題
Le Havre
製作年
2011年
製作国
フィンランド フランス ドイツ
配給
ユーロスペース(提供 ユーロスペース=キングレコード)
上映時間
93分
製作会社
Sputnik=Pyramide Productions=Pandora Filmproduktion
ジャンル
ファンタジー

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.6 /3件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?