盗聴犯 狙われたブローカー:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
盗聴犯 狙われたブローカー
盗聴犯 狙われたブローカー

盗聴犯 狙われたブローカー

2012年7月28日公開、121分、サスペンス・ミステリー
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

株ブローカーと彼を監視する男の対決を描くサスペンス。監督・脚本は「インファナル・アフェア」シリーズのアラン・マックとフェリックス・チョン。出演は「MAD探偵 7人の容疑者」のラウ・チンワン、「アクシデント」のルイス・クー、「新宿インシデント」のダニエル・ウー。第31回香港電影金像奨9部門ノミネート。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

名うての株ブローカーとして知られ、地位と名誉をものにして活躍するロー(ラウ・チンワン)は、謎の男ジョー(ダニエル・ウー)によって監視されていた。ある日、不審な車に尾行されていることを知ったローは、懸命に振り払おうとして事故を起こしてしまう。現場に駆けつけた香港警察保安課の刑事課長ホー(ルイス・クー)は、彼の車から高性能な盗聴器が仕掛けられていたことを見つけ出す。ホーは事情聴取でローを問いただすが、彼は重い表情で、覚えがないと答える。ホーはローの言動を不審に思い、捜査を続けるうちに容疑者としてジョーの存在に気づく。退役軍人のジョーは、養護院でアルツハイマーの母を介護しながら暮らしている。その陰で、高度なテクニックを駆使して監視をしていた。彼がローを監視するのには、避けられない理由があった。一方、ホーは捜査を続けるうち、“地主會”という謎の組織がローのバックに君臨していることを知る。地主會の目的とは? それを監視するジョーの目的とは? すべての謎が解けたとき、哀しくも過酷な真相が明かされるのだった……。

作品データ

原題
竊聽風雲2
製作年
2011年
製作国
香港
配給
ツイン
上映時間
121分
製作会社
Bona Entertainment=Pop Movies= Sil-Metropole Organisation
ジャンル
サスペンス・ミステリー

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?