やがて哀しき復讐者|MOVIE WALKER PRESS
MENU
やがて哀しき復讐者
やがて哀しき復讐者

やがて哀しき復讐者

2012年8月11日公開,97分
PG12
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

娘を誘拐した犯人を追う男たちの戦いを描くサスペンス・ノワール。監督は、「タクティカル・ユニット 機動部隊 絆」のロー・ウィンチョン。出演は、「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」のアンソニー・ウォン、「アクシデント」のリッチー・レン、モデルのジャニス・マン、ドラマ『紫禁城 華の嵐』のマギー・チョン。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大手不動産会社の社長ウォン(アンソニー・ウォン)は2年もトンウォ村の開発に尽力しているが、住民の反対に手を焼いている。病死した妻との間に生まれた2人の子供と、再婚した妻(マギー・チョン)との生活もうまくいっておらず、ドラッグに溺れる長女デイジー(ジャニス・マン)の監視は秘書のエイミー(キャンディ・ロー)に任せていた。また長男チュン(ペリー・ウォン)は、ウォンに医大進学を強制され、不満を募らせている。ある日、ボリビアに行こうとしていたデイジーに怒ったウォンがパスポートを破ると、デイジーは家出してしまう。数日後、ウォンの携帯にデイジーが誘拐されたという動画メールが届く。デイジーの自作自演だと決めつけたウォンは警察に届けることなく、身代金を自分で運んでいて、バイクに乗った男に奪われてしまう。ウォンの部下で前科者のチュウ(リッチー・レン)は独自のルートで犯人を捜し、デイジーの時計を持っていた男を見つける。男から、誘拐したデイジーを生きたまま“2人の男”に渡したと聞き出したチュウは、ある場所へ向かう。チュウから連絡を受けたウォンは、向かった現場でデイジーの遺体を見つける。デイジーの密葬を行い、妻たちにデイジーは渡米したと告げたウォンは犯人に復讐を誓う。同じく子供を持つチュウはウォンに協力し、“2人の男”を追う。村の立ち退き問題で死者が出るなどビジネスが暗礁に乗り上げ、家庭も崩壊に向かっていくなか、ウォンたちは衝撃の真実を知る。

作品データ

原題
報應
映倫区分
PG12
製作年
2011年
製作国
香港 中国
配給
ファントム・フイルム(提供 キングレコード)
上映時間
97分

[c]2011 Media Asia Films(BVI)Ltd.All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?