潜航決戦隊|MOVIE WALKER PRESS
MENU

潜航決戦隊

1951年9月24日公開,106分
  • 上映館を探す

戦時中海兵隊に参加していたミルトン・スパーリング「追跡(1947)」の製作作品で、監督は「彼らに音楽を」のアーチー・L・メイヨ。「廃虚の群盗」のW・R・バーネットの原作を「西部の男」のジョー・スワーリングが脚色した潜水艦活劇である。撮影はレオン・シャムロイ「一ダースなら安くなる」、音楽はデイヴィッド・バトルフ「Gメン対間諜」の担当。「純愛の誓い」のタイロン・パワー、「哀しみの恋」のダナ・アンドリュース、「イヴの総て」のアン・バクスターを中心にして、ディム・メイ・ホイッティ「家路」、ヘンリー・モーガン「呪われた城」、ジェイムズ・グリイスン「群衆」、ベン・カーターらが共演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

海軍中尉ワード・スチュアート(タイロン・パワー)は意志に反してデュウイ・コナアズ中佐(ダナ・アンドリュース)麾下の潜水艦勤務に転任させられた。デュウイには美しい女教師ジーン・ヒュウリット(アン・バクスター)という恋人があったが、偶々ワードはワシントンに向かう汽車の中で、彼女と知り合った。ワードは彼女を大使館の食事とダンスに連れ、彼女にデュウイの存在を忘れさせてしまう程だった。ワードは彼女との交際に深入りする前に出航を命ぜられた。デュウイとワードは、赫々の武勲をたてて帰還し、デュウイはジーンとの結婚に胸をふくらませるのだったが、戦果報告のためワシントン行きを命ぜられたので、ワードとジーンとの交りが続く機会ができ、愈々その親密を深めた。しかし再度の出航命令が出たとき偶々、ワードは、ジーンがデュウイのフィアンセであったことを知り、彼女の行為を強くなじるのだった。2人の会話を洩れ聞いたデュウイは憤激した。しかし、デュウイとワードは今度の作戦が終わるまで、彼女をめぐる争いをお預けにした。ドイツの潜水艦基地を粉砕して無事帰還した2人は和解し、デュウイはワードに勝利を譲り、ワードとジーンは結婚した。

作品データ

原題
Crash Dive
製作年
1943年
製作国
アメリカ
配給
セントラル
上映時間
106分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?