潜行者:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
潜行者
潜行者
-

潜行者

1950年10月17日公開
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    1
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「ドン・ファンの冒険」のジェリー・ウォルドが製作、デイヴィッド・グッディスの小説より「赤い家」のデルマー・デイヴスが脚色・監督に当たった1947年度作品。撮影は「賭博の町」のシド・ヒコックス、音楽は「ユーモレスク(1946)」のフランツ・ワックスマン。「脱出(1944)」と同じくハンフリー・ボガート、ローレン・バコール夫妻が出演し、アグネス・ムーアヘッド、「黄金(1948)」のブルース・ベネット、「夜も昼も」のトム・ダンドリー、クリフトン・ヤング、ロリー・マリンソン、ダグラス・ケネディ、ハウスリー・スティーヴンソン等が助演している。

配信で観る

ストーリー

マッジ・ラップの偽証で、無実のガート殺人事件の犯人とさせられたヴィンセント・パリーは、真犯人を捜すためサン・クエンティン刑務所を脱獄しサンフランシスコに向かった。その途中、彼はアイリーンと呼ぶ若い女性と知り合った。彼女は自分の父親がパリーと同じような無実の罪で獄死したことから、彼に同情し、自分のアパートにパリーを匿った。パリーは親友のジョージ・フェルシンガーの助けを借り、コーリー博士から整形手術を施してもらって人相を変えたが、その直後にフェルシンガーは自宅で何者かに殺害されていた。パリーはアラン・リンネルと変名し、秘かにマッジとその夫ボッブの行動を探り、ガートとフェルシンガーを殺した真犯人をつきとめようとしたが、アイリーンのアパートを出たところで、サムという男から尾行され、口止め料を出さなければ当局にパリーの正体を密告すると脅迫された。パリーはサムを郊外におびき出し、格闘の末、サムの背後の人物をつきとめることができた。彼は直ちにマッジのアパートに行き、パリーに横恋慕したマッジが恋仇のマッジを殺した上、彼に罪を被せたこと、さらにフェルシンガーを殺して、二重の罪をなすりつけようとしたことを指摘する。マッジはそれを聞くと窓から街路にむけて身を投げてしまった。自分の無実を立証する唯一の人物に死なれたパリーは、今は愛し合うアイリーンと新しい生活を求めてメキシコへ旅立った。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Dark Passage
製作年
1947年
製作国
アメリカ
配給
セントラル
初公開日
1950年10月17日
製作会社
W・B映画


[c]キネマ旬報社