許されざる者|MOVIE WALKER PRESS
MENU

許されざる者

2013年9月13日公開,135分
PG12
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

第65回アカデミー賞で作品賞など4部門に輝いたクリント・イーストウッド監督による名作を、日本を舞台にリメイクしたヒューマンドラマ。一度は戦う事をやめた男が、女郎の願いを聞き入れ、再び戦いの世界に身を投じるようになる姿をつづる。主演の渡辺謙をはじめ、柄本明、佐藤浩市ら、日本映画界きっての名優が顔を揃えた力作だ。

予告編・関連動画

許されざる者

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1880年の北海道。かつては“人斬り十兵衛”と恐れられるも、妻との出会いを機に刀を捨てた男がいた。妻の死後、幼い子供たちと極貧生活を送っていた彼の元に、昔の仲間が訪れる。彼の話によると、客にずたずたに切り刻まれた女郎が、街を牛耳る支配者に逆らい、自分たちで貯めた金で敵を討ってほしいというのだ。男はその依頼を受ける事に。

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2013年
製作国
日本
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
135分

[c]2013 Warner Entertainment Japan Inc. [c]キネマ旬報社

動画配信

関連記事

映画レビュー

3.6
  • rikoriko2255

    お水汲み当番

    5.0
    2020/7/29

    荒涼として、救いのまるで見当たらない枯れた土地の哀しさと虚しさと一抹の儚さ美しさを、これでもかと表現できたのが、この映画の最大の功績でしょう。 旧幕府軍の一員として多くの敵を斬った男。 もしも勝ち軍だったなら大英雄として祭られていたはずの人斬り十兵衛ですが、新政府軍の追手を逃れ、すべてを捨て、酒も絶ち、悔悟の念とともに、若くして逝去した妻の思いを抱きながら、忘れ形見の子供二人とともに荒れ地に命を埋める覚悟を固めています。 そこにかつての戦友が現れ、それでも天国にいる亡き妻への操を貫き続ける主人公ですが、ついに最後の最後に亡き妻との誓いを破って濁り酒を口にし、封印していた人斬りを復活させてしまうのです。 その哀しさ。 子供たちの元に戻るのが十兵衛ではなく、アイヌの青年と、顔を切られた不幸な少女であることも、十兵衛自身は子供たちの前からも姿を消してしまうということにも、許されざる者というタイトルの業の深さなど、考えさせられる映画でした。 善とは何か。悪とは何か。 神のいないこの日本という土地でこそ、タイトルの「許されざる者」という言葉の意味が、深く観る側に問われるのです。 ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    4.0
    2013/9/23

    主役の3人(渡辺謙/柄本明/佐藤浩市)で映画の骨格は決まってしまう。(因みに旧作の3人はクリント・イーストウッド/ジーン・ハックマン/モーガン・フリーマン、この3人も凄い!) 佐藤浩市は、多少作っている部分もあるけど、まあ、現在考えられる最高の配役と言って良いでしょう。 ストーリーとしては、これは、イーストウッド監督のお決まりのパターンではあるけど、辱められ、貶められた正義の味方が最後は勝つみたいなお話で、まあアメリカ西部の舞台を日本の北海道に持って来たのは、自然背景、時代背景共に無難でしたね。 女優陣では、小池栄子がこういう役はうまい。あと忽那汐里も本当に良くなって来ました。今後が楽しみです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    2.0
    2013/9/7

    あの、イーストウッドの同名映画の日本バージョンか、うぅ、恐れを知らない… 予告から思っていたのだが、「人斬り」として名を馳せていた者が、銃を使うってのは如何なものか。十兵衛とい男の誓いが弱いのも気になる… 酒も欲もない、子供の所に戻る。こういう誓いを相当な身を持って誓ったわけだが、あれれ、後の祭り。 辺鄙な場所だからか、当時の庶民の生活は、こんなだったのでしょうか。特に冬の景色には貧しさが満ちる。NHK大河がキレーすぎるのでしょうね。 もう純血なアイヌ人は存在しないのかな。和人との混血、差別。大事なものを壊したのは否めない。 castは相変わらず、邦画大作常連組。目新しい所なし。 柳楽優弥が話題らしいが、どうでしょうか。個人的には山猿的な外見は今までにない役だが。 小池栄子はポイント的存在。他の女優に比べて、息の長い女優になりそう。そんなわけで、佐藤浩一も含めた主要3人が、飽きるわけで。だって、M.フリーマンに匹敵するのが、柄本明じゃ、おじいちゃんでしょう。がたいで、見て取れる。日本映画(日本アカデミー賞を見ればわかること)、castingとか、よくよく考えないと。謙さん、ハリウッドの方が出演しがいあるんでない?

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    4.0
    2013/8/23

    日本版にリメイクがうまくされてるようで、オリジナルを知らない人でも十分楽しめます。 せっかく亡き奥さんが十兵衛に刀を捨てさせたのに、幼い子供もがいるせいなのか、経済的な問題で再び......................。 なんか切ないよね~ぇ。 内容は暗いんだけど、謙さんの貫録と壮絶な大自然でいい映画になってます。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告