リターン・トゥ・ベース:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
リターン・トゥ・ベース
リターン・トゥ・ベース
-

リターン・トゥ・ベース

2012年12月1日公開、114分、アクション/韓国
  • 上映館を探す
  • みたい
    0
  • みた
    2
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ソウルに現われた謎の戦闘機と壮絶なバトルを繰り広げる韓国空軍飛行部隊のパイロットたちの姿を描くスカイ・アクション。「ダークナイト」などを手がけたハリウッドの空撮チーム“ウルフエア”が参加、『マイ・ボス マイ・ヒーロー2 リターンズ』のキム・ドンウォンが監督した。出演は「ニンジャ・アサシン」のチョン・ジフン(RAIN)、「黒く濁る村」のユ・ジュンサン、「青い塩」のシン・セギョン。

配信で観る

ストーリー

空軍特殊飛行チーム“ブラック・イーグルス”のパイロット、テフン(チョン・ジフン)は、航空ショーで禁止されている飛行技術“ゼロノート”を敢行し、ショーを台無しにしてしまう。テフンはチームを追い出され、テソ(キム・ソンス)が編隊長を務める第21戦闘飛行隊に移籍。同期のユジン(イ・ハナ)や後輩のソッキョン(イ・ジョンソク)とも再会し、次第にチームに慣れていくテフンだったが、飛行団の中で“トップガン”といわれるチョルヒ(ユ・ジュンサン)とは事あるごとに衝突する。そんな中、チョルヒとのF-15K飛行対決で、生まれて初めての敗北を味わったテフンは、整備チーム最高のエース整備者セヨン(シン・セギョン)とタッグを組んで、ボラメ空中射撃大会で名誉挽回を図ろうと決意する。だが南北間に平和な雰囲気が漂っていたある日、帰順を装った敵の一機がソウルまで降下。哨戒飛行中の21戦闘飛行団と予想外の交戦となり、激しいバトルを繰り広げどうにか平和を守りぬくが、これは朝鮮半島全体を脅威に陥れる巨大な陰謀のはじまりにすぎなかった。21戦闘飛行団は最後の極秘作戦“リターン・トゥ・ベース”を開始。テフンはたった一人で弾道ミサイルの発射を防ぐため敵陣深くまで攻め込んでいく。与えられた時間は7分。5000万人の未来は、一人のパイロットに託された……。

予告編・関連動画

リターン・トゥ・ベース

予告編

2012/10/9(火)更新

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
리턴투베이스
製作年
2012年
製作国
韓国
配給
CJ Entertainment Japan(提供 CJ Entertainment)
初公開日
2012年12月1日
上映時間
114分
製作会社
レッド マフラー=ポケットフィルム
ジャンル
アクション韓国

[c]2012 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED
[c]キネマ旬報社