1000日のアン|MOVIE WALKER PRESS
MENU

1000日のアン

1970年9月26日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

チューダ王朝のヘンリー八世とアン・ブリンをめぐる愛憎の葛藤。製作は「裸足で散歩」のハル・B・ウォリス、監督はTV出身のチャールズ・ジャロット。マクスウェル・アンダーソンの戯曲をブリジット・ボーランドとジョン・ヘールがシナリオを書き、リチャード・ソコラヴが脚色。撮影はアーサー・イベットソン、音楽は「しのび逢い」のジョルジュ・ドルリュー、衣装はこれでアカデミー賞を受賞したマーガレット・ファースがそれぞれ担当。出演は「キャンディ」のリチャード・バートン、「パリの大泥棒」のジュヌヴィエーヴ・ビジョルド、「マッケンナの黄金」のアンソニー・クェイル、カナダ演劇界出身のジョン・コリコス、「Z」のイレーネ・パパス。他に、マイケル・ホーダーン、ヴァレリー・ギャロンなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1526年のある夜、グリニッチ宮殿の舞踏会で、ヘンリー八世(リチャード・バートン)は、アン・ブリン(ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド)の美しい姿をみそめた。正妻カサリン(イレーネ・パパス)との間に子供のいないことに不満を感じていたヘンリーは、次第に、アンに近づいていった。しかし、愛を告げるヘンリーを、アンは冷たく断った。自分の婚約者を左遷し、姉のメリー(ヴァレリー・ギャロン)を身ごもらしたままに放っているヘンリーを、アンはむしろ憎んでいたのだ。ヘンリーは、だがあきらめず、王妃の侍女として宮廷に召しあげた。だが侍女は名目にすぎず、周囲の目や扱いは、ヘンリーの愛人としてのそれだった。にもかかわらず、アンは断固として決心をかえなかった。そして、逆にアンは王に、カサリンとの離婚をせまった。これはアンのひとつの賭けでもあった。ヘンリーはローマ法王も認めない離婚を実行するため、今まで片腕として働いていた枢機卿ウルジー(アンソニー・クェイル)を断罪に処した。ウルジーの書記だったクロムウェル(ジョン・コリコス)は、ヘンリー自らが英国教会の長となり、王の離婚を合法化することを進言、教会の弱体化をはかった。王はアンを手に入れるため、その進言に従うのだった。ヘンリーの情熱の真実にふれ、アンは涙し、はじめてその腕に抱かれた。華やかな結婚式は、だが、民衆の罵言の中で行わなければならなかった。また、カサリンは死の床で、娘にイギリスの王女になることを望み、息をひきとった。アンの幸福な日々は、夢のようにすぎた。やがてアンはエリザベスを産んだが、男子を望んでいたヘンリーは失望した。自分の年を知り、あせった王は侍女に手をつけた。アンは即刻その侍女を追放した。時が経ち、再びアンは子供を身ごもり、男子を産んだが、死産だった。ヘンリーはすぐにアンに離婚をせまった。アンはエリザベスのゆく末を思い、承知しなかったが、クロムウェルの奸計にあい、姦通と近親相姦の罪をきせられた。千日の栄光を身にまとい、やがてアンは、従容として断頭台にのぼった。そのかたわらでは、母が死を賭して王位継承権を自分に残してくれたとも知らず、エリザベスがひとり、歩行練習にはげんでいた。

作品データ

原題
Anne of the Thousand Days
製作年
1969年
製作国
アメリカ
配給
CIC
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?