ペーパーボーイ 真夏の引力:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ペーパーボーイ 真夏の引力
ペーパーボーイ 真夏の引力
4.0

ペーパーボーイ 真夏の引力

2013年7月27日公開、107分、サスペンス・ミステリー
R15+
  • 上映館を探す
  • みたい
    0
  • みた
    6
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

60年代のフロリダを舞台に、獄中の婚約者の冤罪を証明してほしいと依頼する謎の女と出会った事で、運命を狂わせていく青年とその新聞記者の兄の姿を描くサスペンス。原作はピート・デクスターの同名小説で、謎の女を演じたニコール・キッドマンは、第70回ゴールデン・グローブ賞で助演女優賞候補に。

配信で観る

ストーリー

ジャックは問題を起こして大学の水泳部を追放され、父が営む小さな新聞社で配達を手伝っていた。そんなある日、大手新聞社に勤める兄ウォードが4年前に起きた殺人事件を再調査すべく戻ってくる。依頼主は死刑囚として服役しているヒラリーと文通だけで意気投合し、婚約までしてしまった風変わりな女性シャーロットだった。

予告編・関連動画

ペーパーボーイ 真夏の引力

予告編

2013/5/7(火)更新

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
The Paperboy
映倫区分
R15+
製作年
2012年
製作国
アメリカ
配給
日活
初公開日
2013年7月27日
上映時間
107分
製作会社
Benaroya Pictures=Lee Daniels Entertainment=Millennium Films=Nu Image Films
ジャンル
サスペンス・ミステリー

[c]2012 PAPERBOY PRODUCTIONS, INC.
[c]キネマ旬報社

こちらもおすすめ