風立ちぬ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

風立ちぬ

2013年7月20日公開,126分
  • 上映館を探す

宮崎駿の『崖の上のポニョ』以来5年ぶりとなる新作は、零式艦上戦闘機(零戦)を設計した実在の人物、堀越二郎と、同時代に生きた文学者・堀辰雄を織り交ぜた主人公・二郎の姿を描く大人のラブストーリー。大正から昭和にかけての激動の時代を生きた人々の物語がつづられる。二郎役の庵野秀明ら豪華声優陣の共演にも注目したい。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大学を優秀な成績で卒業した二郎は、幼い頃からの夢だった飛行機の設計技師に。ところが初めて手がけた飛行機が試験飛行で空中分解してしまう。上司のはからいで休暇を取る事になり、避暑地へ。そこで二郎は、関東大震災の際に同じ汽車に乗り合わせた菜穂子と再会。すぐさまひかれあうが、彼女は結核を患っていた。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2013年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
126分

[c]2013 二馬力・GNDHDDTK [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

3.5
  • rikoriko2255

    お水汲み当番

    3.0
    2020/7/29

    「風立ちぬ」の劇場予告編は、4分間もの作品で、ユーミンの歌がまるまる一曲流れる、内容も感動の作品でした。 非常に良く出来た予告編だったと思います。 予告編を観て思ったこと。 日本の立場を世界中に映像芸術によって伝えられる人は、日本には宮崎駿しか適任者がいないということです。 そして宮崎駿はその予告編の中で、「貧しかった日本」をキーワードとして、宮崎駿から見た歴史観を世界に伝えようと映画を作った……のだ、と私は理解していました。 関東大震災、銀行破綻。そして第二次世界大戦。 あるいは不治の病だった結核。高原のサナトリウム。 これらの要素が、予告編には一つのストーリーを構成するように散りばめられ、それもあって、私はこの作品を見たいと心から待ち望んでいたのでした。 作品を見る前に堀辰雄の「風立ちぬ」も読み、いっそうその思いを強くしていました。 で、現物を観て思ったこと。 こりゃ、予告編の方が、ずっと良かったな、ってことでした。 というよりもあの予告編こそが「珠玉の名作」だったのだ、と今は感じます。 堀辰雄の「風立ちぬ」は、愛する病人のために何年もサナトリウムに籠もるという、無職の(高等遊人の)主人公のお話です。 一方、堀越二郎は俊英中の俊英で、ゼロ戦の開発者でもあります。多忙を極めている人です。 この、まったく正反対のキャラクター、ありえない設定をどう力業で納めてしまうのか、私はほんとうに宮崎駿の腕前に期待していました。 そう。 たしかに予告編は素晴らしい作品だったと思います。 しかし、それに尽きていると思います。 ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    たれ

    2.0
    2013/12/21

    試写会で観ました。 私はジブリ大好きとか信者とかではないので、宮崎駿の趣味で作ったとしか思えませんでした。 「音」が不自然で、違和感がありました。 その1 主人公の声が年相応でない。 その2 擬音がすべて人の声で、しっくりこなかった。 ジブリにしては、かなりの恋愛もので、子供向きではないですね。 ジブリファンの大人の方はどうぞ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    KI-ki

    4.0
    2013/11/20

    二度目の鑑賞。 初めて観た時、涙が止まらなくて… 夏休みで、親子連れがいっぱい…すごく、恥かしかった。 心の中で「子供の見る映画じゃないよ…」って呟いてた。 今日は大人ばっかり、思いっきり泣いた。 でも、やっぱり、恥かしかった。 誰のせいでもなく… 夢みる子供のまま大人になった… この時代の綺麗な二人の純愛物語…

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    和泉こう

    2.0
    2013/10/23

    期待しまくってた自分もありますが、実在する人の映画なので、考えさせられましたが、見る前にいろんな報道をされてて・・・なんかなぁ~って思えちゃいました

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    いろ

    4.0
    2013/9/24

    予告を見て戦争映画だと思い、ずっと見るのを避けていましたが、宮崎監督最後の作品ということで劇場で観てきました。 タイトルにもあるように戦争映画だと思ってたけど、実際観たら違いました。 戦争映画ではなく、戦争の時代の映画で、戦争のシーンはありませんでした。 あえていうなら、飛行機映画といった感じです。 そして、最近ではあまり使われていないと思いますが、ところどころの効果音を声で再現していたりと、驚きの映画でした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    ダージリン

    5.0
    2013/8/23

    美しい作品だった。 この作品は菜穂子だけが登場するシーンは僅かにあるが、ほぼ全篇堀越が出ずっぱり。これだけ一人に密着するのは、これまでの宮崎作品にはない異例の描き方ではないか。堀越一人を描き続け、かなり単線なストーリー展開をさせているにもかかわらず、十分に見せてしまう。宮崎駿の腕なくして出来ることではあるまい。流石である。 確かにこれまでの宮崎作品に見られる壮大さや、あちこちに伏線を仕掛けておくようなストーリーの妙を楽しむ作品ではない。それらは敢えて封印されているが、本作では美しき追憶に彩られた夢が混合されているかの如き、叙情的な世界観を味わえる。 宮崎駿の理想が多分に投影されているのだろうか、菜穂子と堀越のキャラクターが魅力的で、淡くも美しい世界が見事に描き出されている。 一方でこういう作品を撮ってしまったということは、これは本当に宮崎駿の遺作になるのではないかと一抹の寂しさも感じてしまう。あくまで本作は一つの実験作だったと信じたいのだが・・・。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    矢口渡

    4.0
    2013/8/11

    ジブリ作品らしからぬ、リアリティーさがある。とはいえ、夢の中の話も多い。この時代だから描きたかった題材かもしれない。 ゼロ戦は殺戮兵器であり、自分が犠牲になることを厭わずのスペックを持ち国家のために作られた、戦闘機である。同時に日本が誇るモノづくりの代表作品でもある。明治以降、列強国に追いつけ追い越せと頑張ってきた日本人へのメッセージでもあり、戦争、右傾化に対する警鐘かもしれない。 ただ、いろいろと考えさせられるが、私は一級品の日本型ラブストーリー映画として、評価したい。2人がお互いを大切にする気持ち。恋も仕事も一所懸命でなければ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    5.0
    2013/8/2

    「風立ちぬ」と言えば堀達雄、青春の必読書だったけれど、今の若い人たちにとってはどうでしょうか? 不勉強で堀越次郎という人のことは全く知りませんでしたが、随分優秀な人だったのでしょうね。 次郎を純粋な飛行機作りとして描くことで、宮崎監督はアニメ制作者としての自分を重ね合わせたのでしょうか? 有人飛行機を作りたいけれど、出来上がれば戦争の道具として使われてしまう。目指しているのはそんなことではなかったのに。 「これが遺作になるかもしれない」という宮崎監督の言葉をテレビのインタビューで何度か見ました。作りたいように制作したい。でも観客の求めるものでなければならない。そういうしがらみを抜け出して作りたいものを作っってしまったというところなのでしょう(それでも妥協はあったでしょうけれど)。 今回は監督のスタンスに一番感動させられました。 最近のジブリ作品と比べると、観客に少々不親切な、全てが説明される作品ではない分、見る側の観客としての力量が試されているような気がしました。 私は合格できたでしょうか?

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    元電気メーカー社員

    4.0
    2013/8/2

    ドラマとして非常によくまとまっているが、予備知識の無い人間にとっては、昭和初期の、政治に無関心なエリート層を美化したラブストーリーにしかならないだろう。堀越二郎がモデルと宣伝しながら、彼の名を歴史に刻んだ零式艦上戦闘機の開発や、彼の後半生を苦しめ続けることになる、日米開戦や、零戦の成功ゆえの代償については一切描かれていない。良くも悪くも宮崎アニメ。しかし、昭和の15年戦争や日本の航空戦史について議論が出来るレベルの予備知識を身に付けてから、つまり本作では描かれない、登場人物達のその後の壮絶な半生を知った上で見るなら、本作の見え方は全く違って来る。昭和の15年戦争について、ある程度勉強した人向けの作品

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    4.0
    2013/7/28

    カミさんのお供で鑑賞。 画はとても綺麗で安定の“いつもの宮崎アニメ”でした。アニメーション映像作品として、相変わらず高いレベルを保っていると思います。 しかし、どうしても話の流れがシックリ来ません。 「完全を目指した技術者」と「時代に翻弄された文人」の半生をミックスするのはいただけません。 “人の想いをも飲み込んでしまう激動の時代があった”ことを伝えるのであれば、忠実に“事実”を脚色せずに画にするべきだったのではないでしょうか? 無理なリアリティを創出するのではなく、「ナウシカ」の様にアニメだから可能な空想世界からインパクトのあるメッセージをストレートに投げてくれれば良かったのにと残念に思います。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    Orca

    5.0
    2013/7/20

    初日に観るのは久しぶりです。 複雑な時代背景を切り取っており、評価は分かれると思いますが、私の主観では良識的にまとめられていると思います。 ひこうき雲はLPのようにノイズが聞こえているのが懐かしい感じです。 前日に 零戦99の謎 という本を読んで鑑賞したのですが、試験のヤマが当たった感じです。 零戦が好きな方にお勧めします。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    potewoods

    4.0
    2013/7/19

    試写会が当たって見ました。 観た直後の感想は「うーん…」で、正直なところ満足ではなかった。悪くはないけど、感激するほど傑作でもない。佳作。 予告編勝ち(予告の方が面白そうだった)してしまった。 ジブリはどうしても期待値が高いぶん、評価が厳しくなってしまう。個人的には千と千尋以降のジブリ作品はイマイチで、残念に思う一方で、過去ー80-90年代ーの作品がいかに傑作かを改めて思い知るばかり…。私が80年代生まれで、子どもの頃に見たから、というのも大きく影響するんでしょうけど、それでも…やっぱり、昔の作品の方が優れていると思う。 昔のジブリ作品は、絵をじっくり見れるシーンが多かったように思う。そんな余白、テンポが私は好きでした。 ハウルとかポニョなんかは忙しすぎる。 ジブリがビッグになりすぎたところがあんまり良くないのだろうか?時代を担ったふうなメッセージ性とか、メディアの持ち上げ方とか、なんか嫌いな雰囲気が漂っている気がして、それが作品にも染みてきてんじゃないかとか思ったりする…。 さて、今回の映画「風立ちぬ」、確かに言われているように、美しい恋愛映画です。 だが、ちょいとキザ過ぎる。いつものジブリ的行儀良さでもあるのですが、いやそれがちょっと嫌味くさく感じてしまう。出木杉君である二郎はじめ、同僚も、菜穂子もその父も、全体的にやり取りがキザでした。 個人的には、ジブリで大人の恋愛なんか見たくないんですよねーー。 でもまあ普通のレベルで考えれば、よく出来た力作です。とくに音響が良かったです。すべて人の口、声、身体で作っているようで、飛行機も生き物のように愛嬌がでてくる。あと地震のシーンの表現力はさすがにスゴイ。大胆なデフォルメ、空間の歪み、アニメーションならではで、大地が一つの生き物のように思わせる。それから入り混じる空想のシーンの美しさ。などなどの褒め言葉はわざわざ連ねる必要もありませんね、みんな書いてるから。 宮崎監督には次回作は、晩年の熊谷守一みたいな絵の描き方で(画風というよりスタンスで)、南方熊楠の伝記ーあるいは粘菌ファンタジー?映画を作って欲しい、なんて勝手なことを思うこのごろ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    すーちゃん

    4.0
    2013/7/14

    とにかく絵が美しい。 青空、雲、雨、そして風。 戦前の日本の豊かな自然や街並みが胸に迫ってきます。 そしてもうひとつ美しいのは、登場人物たちの衿持。 ものを創ることに掛ける静かな情熱は、まっすぐでひたむきで誇りに満ちています。 そして主人公と恋人との恋愛もまた、まっすぐでひたむきで、誇り高いものでした。 限りある時間の中で自分が成し得るすべてを尽くすということ。 清々しい美学に満ちた作品でした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    さっちょ

    4.0
    2013/7/8

    奥行きのある風景画像が見事。まるで3Dで観ているような感覚になる程。さっすがジブリです。 ストーリーは、実在したゼロ戦設計者の物語でありながら、当時の不安定な社会も描かれています。関東大震災までも。ただ、主人公の夢の中も織り交ぜながら、飛行機設計と少女との恋愛をメインにしており、痛々しさ重苦しい形にしない優しいぬくもりがありました。そして、仕事に対する情熱、働く姿勢について教えてくれた気がします。夢の中と現実の境界線が混乱しないようにわかりやすくなっていたのも良かったです。 少し驚いたのはジブリ映画でキスシーンがこんなに多いのは今回初めてなのではないでしょうか。だからといってドロドロしている恋愛ではなくて、とってもピュア。 気になったのは「ひこうき雲」の曲は今のユーミンの声でなく、デビューした荒井由実時代の声ですよね。透明な澄んだ歌声がとってもこの映画に合っていました。 あと、せっかく豪華キャストが声優に抜擢されていたのに、誰がどの声役だったのかエンディングでも掲載されていなくキャスト名だけだったので、できればエンディングで役名と役の画像とキャスト名が3点セットで流れていたらもっとありがたかったです。(役名とキャスト名だけだとわかりにくいので役の画像付きで。)

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    3.0
    2013/7/5

    最近のジブリはなんだか子供向けじゃない??? 今回も男女の愛を描いてる感じだからね~ぇ。 でも夢の中のお話を取り入れるのは、ちょっとファンタジーっぽくてジブリらしい??? ま~ぁ、どちらかというとのんびりまったりと進む映画でした。 ちょっときれいに描き過ぎなところもあったかな!? エンディングのユーミンの歌がよかったです(^^)v

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告