17歳のエンディングノート|MOVIE WALKER PRESS
MENU

17歳のエンディングノート

2013年4月27日公開,103分
PG12
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』の脚本家、オル・パーカーがベストセラー小説をダコタ・ファニング主演で映画化した青春ストーリー。突如、余命宣告を受けた少女が、生きている実感を得ようと奮闘する姿が描かれる。『戦火の馬』のジェレミー・アーヴァインがヒロインの心の支えとなる青年を演じている。

予告編・関連動画

17歳のエンディングノート

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

テッサは余命宣告を受け、何にもなれない自分に嫌気がさし、ひきこもり生活を送っていた。だが、生きている実感を得たいと考え、17歳になったある日、親友と残り9か月で一生分の体験をするべく、“TO DOリスト”を作り上げる。彼女は危険な事柄を含んだリストの項目を実行していく中で、生きる意味と素晴らしさに気付いていく。

作品データ

原題
Now Is Good
映倫区分
PG12
製作年
2012年
製作国
イギリス
配給
キノフィルムズ
上映時間
103分

[c]2012 Blueprint Pictures (Now) Limited, BBC and The British Film Institute. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

動画配信

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?