じんじん|MOVIE WALKER PRESS
MENU

じんじん

2013年5月18日公開,129分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

絵本の里として知られる北海道上川郡剣淵町を舞台に、人の心の優しさや家族の絆を描くハートフルドラマ。「ミンボーの女」の大地康雄が企画と主演、「七人のおたく」の山田大樹が監督を務める。共演は「ラヂオの時間」の佐藤B作、「食卓のない家」の中井貴恵、「おこげ」の村田雄浩、「いちげんさん」中田喜子、「リアル鬼ごっこ5」の井上正大。2013年5月18日より、北海道・札幌シネマフロンティア、シアターキノ、シネプレックス旭川にて先行上映。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

56歳、立石銀三郎(大地康雄)は、伝統芸能を伝える大道芸人。よくなついていた一人娘は、銀三郎が毎晩のように語り聞かせる話が大好きだったが、妻と別れてからは会うことが許されず、その娘との思い出は彼女が6歳のまま止まっている。そんなある日、銀三郎の幼なじみ、高峰庄太(佐藤B作)が北海道で営んでいる農場に研修として女子高校生4人がやって来る。年に一度そこで手伝いをすることが約束事だった銀三郎も、ちょうど里帰り。大自然に抱かれ、土に触れ、町の人々とふれあううちに、彼らの距離は次第に縮まっていくが、ただ一人、日下部彩香(小松美咲)だけは心を開かない。いぶかる銀三郎は、ある夜、そんな彩香の秘密を知ることになる……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2013年
製作国
日本
配給
「じんじん」全国配給委員会
上映時間
129分

[c]2013「じんじん」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    矢口渡

    3.0
    2014/1/26

    大地康雄の人情ドラマ。どこか寅さん映画っぽくもあり、オマージュを感じる。その割りにより感動をさせたがる演出が気になる。笑い部分と泣かせる部分も、はっきりしない。また、もう少し短く編集したらいいのにとも思う。でもいい映画でした。役者も充実。絵本の読み聞かせで、町おこしをしている剣淵町の、頑張りも称賛。

    違反報告