スノーピアサー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

スノーピアサー

2014年2月7日公開,125分
PG12
  • 上映館を探す

フランス人漫画家、ジャン・マルク・ロシェットによるグラフィックノベルを、『殺人の追憶』の韓国の鬼才ポン・ジュノ監督が映画化したSFアクション。地球温暖化を止めるための実験が失敗し、氷河期を迎えた近未来の地球を舞台に、唯一、人類が生存できる列車“スノーピアサー”の中で繰り広げられる出来事が描かれる。

予告編・関連動画

スノーピアサー

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

地球温暖化阻止のために行われた薬品散布で、地球上は氷河期のように深い雪で覆われた。生き残った人類は、一台の列車“スノーピアサー”に乗り、地球上を移動し始める。2031年、列車後方の車両に押し込められ、奴隷のような生活を強いられる人々は、前方車両で贅沢な生活をしている人々に対し、自由を求めて反乱を試みる。

作品データ

原題
설국열차
映倫区分
PG12
製作年
2013年
製作国
韓国=アメリカ=フランス
配給
ビターズ・エンド=角川映画(提供 CJエンターテインメント) (共同提供 ユニオン・インヴェストメント・パートナーズ)
上映時間
125分

[c]2013 SNOWPIERCER LTD.CO. ALL RIGHTS RESERVED [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.2
  • rikoriko2255

    テックウルフ

    4.0
    2020/2/26

    パラサイトよりこっちが好き。 アイデアが素敵。密室空間というのが良い。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2014/2/26

    まず、何てことするのよ!?って人類の傲慢さに呆れる所から物語は始まります。 生き残った人々は列車に乗って凍った地球を永遠に走り続ける。 この列車の全てを見た訳じゃないけれど、列車の命(人類の命)のエンジンルームが先端で、快楽におぼれる娯楽室から、食用でも有る海洋生物の水族館的なトンネル、園芸ルーム、サウナ、病院、美容院、温泉等々。 子供たちのお勉強ルームも有って、きっともっと大きな子の学校スペースも有るのかな? ただ、行き来するのにその最中を通り過ぎないといけないのかしら・・住居部分はどうなっているのかしらね? 貧困層の住居スペースは解ったけど、まさかあんなじゃない物ねぇ。 虐げられた環境を改善するべく幾度もクーデターが起こった歴史が有り、今まさにクーデターを起こそうとしているカーティム。 そんな環境だからなのか、出てくる人たちはクレイジーで、そして残酷。 飢えたら人はどうなるか‥解って居るんだけど、貧困の中にも秩序が有るから意識しなかったけど、こうなる前の無秩序の時代が有ったんだ。 過去を掘り出すタイミングや、連れ去られた子供たちの使い方や、個々のキャラの設定や、揺らぐ人間の弱さや、計算しつくされていて、上手い!

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    3.0
    2014/2/22

    地球温暖化を防ぐためにしたことが、氷河期を引き起こしてしまった2031年。 生き残った人々が一台の列車に乗り込むんだけど、前方は富裕層で、後方は貧困層ってな感じで、ここでも差別問題!? みんな仲良く........差はあったとしても、あんな大差は................、後方の貧困層の扱いは........そりゃ~ぁ反乱起こすわ~ぁ。 でも富裕層の生活感がなかった。 確かに富裕層の子供たちがお勉強してたり、若者たちがクラブみたいなとこで乗りまくってたりはあったけど、あまり富裕層を映してないせいか、どんな生活をしてるのかがうかがえなかった。 学校のお勉強はちょっと洗脳的な感じで、優しそうな先生もある意味怖い!! 現に..............................。 前に進むにあたって、変なところに入ってた韓国人の親子。 娘は列車生まれで外の世界を知らない。 そんな長いこと列車で走り続けてるんか~ぃ。 そして韓国パパは温暖化の変化に気付き、列車を止まらせようと! で、ついに........................。 でもこれからどうするんだろう???

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    4.0
    2014/2/13

     設定はとっても斬新です。息もつかせぬ展開なので、ハラハラドキドキの連続です。最初は、 「自分はリーダーの器じゃない。」 と言っていたカーティスが、少しずつリーダーとして成長し、仲間を引っ張っていく姿は、とても頼もしいです(笑)。そしてラストでは、カーティス自身の壮絶な過去も明らかになります。  ほぼ全体的に殺戮シーンが続くので、描写はかなりグロめです。観ていて痛くなりそうです。その点はご注意を。  終わり方も好みは別れそうですが、とにかく設定が面白いので、是非観てみて下さい。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告