連結部分は電車が揺れる 妻の顔にもどれない:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
連結部分は電車が揺れる 妻の顔にもどれない
連結部分は電車が揺れる 妻の顔にもどれない

連結部分は電車が揺れる 妻の顔にもどれない

2013年3月30日公開,82分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

“Love & Eros CINEMA COLLECTION”2ndシーズンSPRINGの1本。漫画家・内田春菊が自らの漫画『連結部分は電車が揺れる』を監督・出演し映画化。セックスレスに悩むアラフォー主婦のモヤモヤを痛快に描く。出演は、「いつもより素敵な夜に」の小松みゆき、「ショコキ!」の河相我聞。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

育児を手伝わず、浮気の疑いがあり、自分の稼ぎで妻がいい思いをしていると発言する夫(田山涼成)に失望したアラフォー専業主婦の川島良子(小松みゆき)は、今にも離婚の2文字を口に出してしまいそうになっていた。子供の前では母の顔、旦那の前では妻の顔といつの間にか女の顔を忘れていることに気づいた良子は、気晴らしにカフェのアルバイトを始める。そこで心の恋人・八幡(河相我聞)と出会い、恋の妄想を膨らませ始める。しかし、夫が会話の端々に八幡の存在をチラつかせるようになり、良子はもしかして見張られているのではないかと不信感を抱く。そんななか、役者である八幡が、自分が出演する舞台に良子を誘う。またしても妄想を膨らませる良子、奔放な友人・美津子(内田春菊)とその夫、姉の娘・まゆ、そして愛すべき子供たちが迎える結末とは?

作品データ

製作年
2013年
製作国
日本
配給
アルゴ・ピクチャーズ
上映時間
82分
製作会社
シネマ・クリエイション=レジェンド・ピクチャーズ

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0 /1件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?