コン・ティキ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

コン・ティキ

2013年6月29日公開,113分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1947年にトール・ヘイエルダールが行なった、筏のコン・ティキ号によるペルーからポリネシアまでの8,000 kmに及ぶ航海を映画化。歴史的偉業の裏に秘められた男たちの戦いを描くアドベンチャー。出演は「ナチスが最も恐れた男」のポール・スべーレ・バルハイム・ハーゲン。アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品。

予告編・関連動画

コン・ティキ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

南太平洋のポリネシア諸島は、大陸から遠く位置するにもかかわらず、古くから住人がいる。彼らの起源についてある仮説を立てた人物がいた。南米のインカ文明とポリネシア文明との相似点が多いことから、ポリネシア人の祖先は、南米から海を渡って渡来した古代南米人なのではないか。1947年、提唱者であるノルウェーの若き学者トール・ヘイエルダール(ポール・スべーレ・バルハイム・ハーゲン)は、この仮説を証明するため、ある挑戦を決意。それは無謀とも言える試みだった。古代でも入手が容易な材料のみで筏を作り、現代的な装備は無線機のみで、ペルーからポリネシアへ向かう航海に挑戦するというのだ。その距離、8,000km。同じ志を持つ仲間が集まり、信念を貫く男たちの命がけの冒険が始まる。“コン・ティキ号”と名付けられた筏に乗り込んだのはヘイエルダールに加えて5人の仲間たち。冷蔵庫のセールスマンだったヘルマン・ワツィンゲル(アンダース・バースモー・クリスチャンセン)、無線担当のトルスティン・ロービー(ヤコブ・オフテブロ)とクヌート・ハウグランド(トバイアス・サンテルマン)、トールの幼なじみで航海士を担当するエリック・ヘッセルベルク(オッド・マグナス・ウィリアムソン)、スウェーデンの民族誌学者ベングト・ダニエルソン(グスタフ・スカルスガルド)。絶え間ないサメの襲撃、荒れ狂う嵐、命綱である無線機の故障……。想定を超えるトラブルが続発する中、生き残るために厳しい戦いを強いられた男たちは、いかに困難を乗り越え、人間として成長していったのか……。

作品データ

原題
KON-TIKI
映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
イギリス ノルウェー デンマーク ドイツ
配給
ブロードメディア・スタジオ
上映時間
113分

[c]2012 NORDISK FILM PRODUCTION AS [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.5
  • rikoriko2255

    barney

    3.0
    2014/4/28

    実話を基に、太平洋の航海をダイナミックに描いた海洋アドベンチャー。 いかだで太平洋8000キロ横断に挑んだ男たちの話。 出発早々アクシデントがあったが、誰ひとり欠けることなく無事目的を達成!! 冷蔵庫屋のおっさん危なかったね。 男はロマンがお好き!? でも家族を捨ててまですることなのか??? 冒険家はわからん(@_@;)

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2013/7/5

    自分の学説を証明する為に無謀な航海に出る学者、トール・ヘイエルダール。 努力が実を結び、良い仲間に恵まれ、実現する機会を得る・・のは良いんだけど、女性目線から言うとね、嘗て一緒に冒険し、一番の理解者で協力者であったであろう妻。 彼女への対応が嫌なんです。 彼女は最初の障害ですか。乗り越えなければならない壁ですか。 本当は一番喜んで、協力したいんじゃないかな。 でも彼女の冒険は、もう大海原には無い。未開の地にもない。 もっと未開で困難な育児って言う冒険中なんです。そしてそれは自分だけの冒険じゃ無く夫とともにしているはずの冒険だったんです。 まぁ、この冒険に置いて、男親はかなりあてにならないし、何か有ってから初めて自分は何もしてこなかった・・って悔やむしかないので、そこは悔やんでもらう事にして、ちゃんと段階を追って状況を説明相談して、協力を仰いで、気持ち良く旅立って欲しかったわけです。 そしたら最後あんな事にはならなかったんじゃないかと思いますよ。 頼りない筏の上で無線機も不調で、不安を感じたり、わくわくしたり、怒ったり、それが凄くリアルでした。 海最大の脅威はやっぱりサメですよね。海の中で出くわしたら即アウト‥な感じがしますが、そんなサメと対峙する姿が、怖くて、頼もしくて、もう、勇気とか言ってられないその場の条件反射なのかな・・兎に角、凄いです。 あれでヘルマンの人間性が大きく成長したように思います。 そして、クジラとかジンベイザメとかの巨大さ。寒気がする位圧倒的。 尾で払われるだけでひとたまりも無さそうな恐怖。 何より嵐の圧倒的破壊力。あれには運を天に任せるしかないように思えます。 今は、鉄の船が有って良かったなぁ‥それでもどんな天候でも出航する訳じゃ無いですからね。 やはり自然には逆らえないんですね。 冒険家って、あの達成感で、それまでの危険や苦難が吹っ飛んでまた出かけちゃうのかな。それって、やっぱり出産に似ているなぁ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告