FUCK ME TO THE MOON:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
FUCK ME TO THE MOON
FUCK ME TO THE MOON

FUCK ME TO THE MOON

2013年4月6日公開、60分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

園子温や横浜聡子などの作品にスタッフとして参加してきた高畑鍬名&滝野弘仁が共同監督し、ナードテクノユニット“三毛猫ホームレス”とのコラボで贈る作品。出演はアダルトビデオを中心に活躍する秋山祥子、「どんずまり便器」の中村邦晃。若手映画監督による音楽映画製作プロジェクト“MOOSIC LAB 2013”で上映。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

桐島と大林は、20代半ばの無名のトラックメーカー。アパートの一室で同居生活を送り、ラップトップPCで楽曲を作ってネットにアップしている。ある夜、知り合いのDJのイベントに出かけた2人は、そこで“かぐや”と名乗る女性に出会う。泊まる場所がないという彼女は、無理やり2人の家に押しかけてきて、そのままズルズルと3人の共同生活が始まってしまう。だが、“かぐや”はすぐに男を連れ込むようになり、ベランダに追い出された桐島と大林はそこから彼女と男のセックスを覗く羽目に。“あたしがイクような曲を作りなさいよ。私がイッたら3Pさせてあげる”。桐島と大林は3Pを目指して、セックスのBGMを作り始めることに……。

作品データ

製作年
2013年
製作国
日本
配給
SPOTTED PRODUCTIONS
上映時間
60分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?